SPで演技する田中刑事

写真拡大

 「フィギュアスケート・全日本選手権」(22日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 代表3枠を争う男子はショートプログラム(SP)で田中刑事(23)=倉敷芸術科学大大学院=が、国際スケート連盟(ISU)非公認ながら自己ベストの91・34点をマークし、2位発進した。自身初の五輪出場へ大きく前進した。宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=が96・83点でトップに立った。

 繰り出した左手のガッツポーズを田中はすぐ引っ込めた。こん身の演技の余韻が理性を上回る。「本当はしたくなかった。ガッツポーズよりフリー。ステップの後半からフリーがあると思っていたから」。冒頭の4回転サルコーに成功。後半のトリプルアクセルは出来栄え1・86点と高い評価を得た。自己ベストを4点以上も上回る91・34点をたたき出し、SP2位発進だ。

 平昌五輪男子3枠はSP首位の宇野と今大会を欠場した羽生結弦(ANA)が確実。3枠目を村上大介(26)=陽進堂、無良崇人(26)=洋菓子のヒロタ=らと争う。

 今季はGPシリーズ第1戦のロシア杯を右腸腰筋損傷で欠場。故障再発のリスクと向き合いながらも全日本に向けて「朝、昼、夜の練習で深夜12時まで。その日の最後は動けなくなった」と、とことん自分と向き合った。

 ジュニア時代からともに戦ってきた同学年の羽生とともに五輪のリンクに立つことを目指してきた。「彼の分まで少しでも頑張る」と誓った今大会。「今以上に集中力を持たないとフリーでつぶされる」と油断はない。「正義感が強い子になってほしい」と「刑事(けいじ)」と名付けられた23歳。「平昌」というターゲットは逃さない。