リオ五輪48キロ級の金メダリスト登坂絵莉は会見中に棄権を決め号泣した

写真拡大

女子レスリングのリオ五輪48キロ級、金メダリスト登坂絵莉(24、東新住建)を囲んで、翌日の準決勝、決勝への意気込みを聞いていたとき、栄和人・日本協会強化本部長が「絵莉」と声をかけた。「はい」と答えた登坂に、栄氏は「棄権しよう」と言葉を続けた。

涙声で「すみません」と続ける登坂に栄氏も涙ぐみながら、「頑張ったな。登坂があそこまで頑張ったのも分かってるから。俺がストップするよ」と語りかけた。
リオ五輪で先輩の吉田沙保里が決勝で負けたとき、声を上げ涙でゆがんだ顔を隠さず子供のような泣き方をしていた登坂は、今回は、ときどき顔を覆いながら、それでもやはり子供のように全力で泣き声をあ げた。

東京・駒沢体育館で開催されている天皇杯全日本レスリング選手権は、翌年の世界選手権日本代表選考の第一次にあたる大会だ。この大会と、来年6月に行われる明治杯全日本選抜レスリング選手権大会の2大会の結果から代表が決まる。2017年の全日本は、リオ五輪金の登坂が、久しぶりに日本代表を争う場所に戻ってくることが最も注目を集めていた。

 リオ五輪後の登坂は、以前から傷めていた足の治療に専念していた。
1月には「歩くだけでも痛い」原因となっていた左足親指の内視鏡手術に踏み切った。当初、3ヶ月程度で復帰できる見込みで いたが、デリケートな箇所だったため予想外に回復に時間がかかり、世界選手権連覇のチャンスを見送った。

 登坂がリハビリに専念している間に、女子レスリング最軽量級には新しい世界チャンピオンが日本から誕生した。伸び盛りの安部学院高校3年生、須崎優衣( 18、JOCエリートアカデミー)は、足を止めずに矢継ぎ早に攻め続けるスタイルで世界女王となった。その約1ヶ月後、登坂は静岡・三島で開催された女子オープン選手権で公式戦に復帰し優勝した。

「試合に出ない時間が長くなって、久しぶりに試合をすると、はやる気持ちが高まりすぎたりするところがあったり、勘が戻らない感じはあります」

 金メダリストらしい強さを求めるからだろう、 復帰を振り返る登坂の言葉は、まだまだ自分には足りないところがあるという厳しいものだった。
とはいえ、栄氏も「頭のいいレスリングをする」と賞賛するほど、試合展開の巧みさは群を抜いている。12月の全日本選手権で実現するだろう五輪金メダリストと新世界女王との対戦はきっと、近年まれに見る好勝負になると期待が高まった。

 

全日本レスリング選手権3日目、登坂と須崎が出場する女子50kg級のトーナメント が始まった。来年からの国際ルール変更にあわせ、今大会から、試合当日朝に計量し、1回戦から決勝までを2日間に分けて実施する進行になった。そのため、第2シードの登坂は、もともとトーナメント1日目には 2回戦の一試合しか予定がなかった。その唯一の試合が始まると、会場中の視線が登坂のマットに集まった。

 タックルで先制した登坂だったが、その先が違っていた。得点すると次は失点する、を繰り返した。これほど失点する姿は、いつ以来だろう。 

無駄な失点がほとんどなかった最近のイメージからはほど遠い。第2ピリオド、試合終盤にさしかかる頃に4−4と並ばれると、試合を見ていた登坂の後輩が「いやいやいや!」と叫ぶほど、不安定な姿だった。それでも試合終了間際、もつれたところから得点に結びつけ、7−4の判定勝ちで準決勝進出を決める試合巧者ぶりは健在だった。

 その試合後、左足の膝と足首をアイシングした姿で現れた登坂は、予想される須崎との決勝戦について「まだ準決勝があるのでわかりませんが、メリハリのあるレスリングをしたいと思います。練習もしてきましたし、試合に出た以上はケガの状態というのは関係ないと思うので、そこに関しては特に問題はないと思います」と優勝を目指す内容の言葉を続けていた。そこへ、冒頭のように栄氏があらわれ「絵莉、棄権しよう」と呼びかけたのだ。

 その左足は、世界の頂点を目指すハイレベルな争いをするに耐えられる状態ではなかった。10月中旬、ナショナルトレーニングセンターでの合宿中、スパーリングで首を抱えられ、まわされるのをこらえたとき、左膝と左足首のじん帯を傷めていた。
栄氏が、ケガをした状況を振り返る。

「すごい音がしたんだよ。じん帯が切れたかもしれないと思ったけれど、調べたら切れてはいなかった。これは時間がかかるだろうなと思っていたけれど、登坂は、どこまでできるか挑戦したいという気持ちが強くて、話し合いをして全日本選手権に出ることにした。でも、左足首はとくに試合に耐えられる状態ではなかった」

足の状態は登坂自身が考えていたよりも回復しておらず、得点するが失点する、というパターンが繰り返される不安定な試合になった。

「悪い方の足をとられたら我慢できないですね。登坂は気持ちが強くて、レスリングに対する志が高いから、大会に出るからには最後までやるつもりだったと思う。計量を通過したからには全部、やりきりたいと考えていたんだろう。でも、これ以上試合をさせて接戦を繰り返させたら、もし勝てたとしても、かなりのダメージを受けて次の目標を目指すのが難しくなってしまう。本人の気持ちを考えると苦渋の選択でしたが、ここは監督の判断で棄権にしました」

栄氏が苦渋の選択となった理由を説明した。

 一方、ライバルの棄権を須崎が知ったのは取材陣からの質問によってだった。

「登坂さんがいないなかで代表になって世界選手権で優勝したので、次は登坂さんに勝って、本物のチャンピオンになりたいと思っていました。登坂さんはいませんが、残りの準決勝と決勝もしっかり勝ちます。6月の明治杯全日本選抜には登坂さんも復帰してくると思うので、そこでしっかり攻め続けて勝って、また世界チャンピオンになりたいです」

驚きが去らない表情のまま、自分の試合に集中すること、いつか登坂と直接、試合をした上で世界の金メダルをとりたいとの決意をあらためて口にした。

五輪金メダリストと世界チャンピオンによる代表争いが実現するのは、少し先になる。だがいま、過酷な、しかし観る者にとってはとても贅沢なライバル物語が、2020年東京五輪を前に始まろうとしている。

(文責・横森綾/フリーライター)