小山昇(こやま・のぼる)  株式会社武蔵野代表取締役社長。「大卒は2人だけ、それなりの人材しか集まらなかった落ちこぼれ集団」を15年連続増収の優良企業に育てる。「数字は人格」をモットーに、700社以上を指導。5社に1社が過去最高益、倒産企業ゼロとなっているほか、年間240回以上の講演・セミナーを開催。日本で初めて「日本経営品質賞」を2回受賞(2000年度、2010年度)。2017年にはJR新宿ミライナタワーにもセミナールームをオープンさせた。『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』、『強い会社の教科書』、『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』、『1日36万円のかばん持ち』、『残業ゼロがすべてを解決する』などベスト&ロングセラー多数。

JR新宿ミライナタワー改札から15秒!夏は神宮外苑の花火大会、冬は日本一高い富士山の雪化粧が見られる10階の一等地。ここに15年連続増収の株式会社武蔵野がセミナールームを開いたのは2017年2月。あれから1年弱……。社長の小山昇氏を直撃すると、「新卒説明会にも前年比2.36倍の1020名がきて、どんどん採用できる。しかも辞めない」という。JR新宿ミライナタワーの家賃は「月500万円」。ここだけで年間6000万円にもなる。
小山氏が社長に就任した1989年の売上が7億円だったが、直近では63億円に達した。
実に28年間で売上を「9倍」にした“経営のカリスマ”は、なぜこれだけの大金を1か所に投資したのか?
全国700社以上を指導し、倒産企業ゼロ、5社に1社が過去最高益、自社も日本初の「日本経営品質賞」2度受賞、15年連続増収の小山氏が、創業以来最も大切にするのが「数字は人格」という経営哲学だ。本日「日経新聞」に掲載された『数字は人格――できる人はどんな数字を見て、どこまで数字で判断しているか』に関して、「書いてはマズイ全51社のエピソードと、99%の社長が勘違いしている“人を育てる数字・ダメにする数字”を書き尽くしてしまった。“数字は人格”には魔力がひそんでいる」と小山氏。
企業の不正発覚が相次ぐ中、なぜいま「数字は人格」なのか?
全国を飛び回っている分刻みのスケジュールの小山氏をつかまえた!(構成:寺田庸二)。

数字をかじった社長が
やりがちな勘違い

 税理士や会計士は数字のプロですが、経営がわかっているかどうかは別の話です。

 それなのに、税理士や会計士の書いた決算書の読み方、数字の見方を鵜呑みにしてしまう社長がなんと多いことか。

 社長が知らなければいけないのは、あくまでも実務で役に立つ数字です。
 そこをはき違えてはいけません。

 少し数字をかじった社長がやりがちな勘違いをもうひとつ挙げましょう。

 それは、数字を「額(量)」ではなく「率」で見てしまうことです。

 粗利益率20%で売上1億円のA事業と、粗利益率5%で売上10億円のB事業があるとします。

 数字を「率」で考える社長は、A事業のほうが優良だと考えます。
 A事業の原価は8000万円で、B事業の原価は9億5000万円。
 B事業のほうが多額のお金がかかっているのに、粗利益率が低くて資金効率が悪い。
 だからB事業よりA事業が優秀だ、というわけです。

 これが間違いであることは、利益額を計算してみるとわかります。

 A事業が生む利益は2000万円。
 それに対してB事業の利益は5000万円。

 額で考えれば、会社に貢献しているのは圧倒的にB事業のほうです。

 このことをまったく理解していない社長は、A事業にエース級の社員を集めてB事業をガタガタにしてしまう。

 屋台骨がグラつけば、会社そのものが傾きます。

 率より額(量)が大切なのは、お金に限った話ではありません。こんな話があります。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)