大きな被害が発生した「岩屋洞窟」。入口から岩場に下りる「第二階段」は鉄筋コンクリート製だが、中の鉄筋がねじ曲がるような形で破壊された(写真:藤沢市)

毎年恒例のライトアップイベント「湘南の宝石」が開催され、多くの観光客でにぎわう湘南を代表する観光地・江の島だが、今年(11月25日〜2月18日)は手放しで喜べない事情がある。

江の島島内の人気スポットの1つである「岩屋洞窟」を含む島の沿岸部が、10月の台風21号による高潮・高波の被害を受け、被害の大きかった岩屋洞窟は未だに復旧工事に着手できていない状況なのだ。

まずは、今回の台風による江の島の被害の状況を整理しよう。大きな被害が発生したのは、湘南港を中心にヨットハーバーが集まる島の南東部エリアと、普段は観光客や磯釣り客でにぎわう島の南西部エリアだ。南西部エリアには、波の浸食によってできた「稚児ヶ淵」と呼ばれる海蝕台地(岩場)や、「岩屋洞窟」と呼ばれる2つの海蝕洞窟がある。

前者の湘南港を中心とするエリアでは、防波堤近くの駐車場のアスファルトがはがれ、ヨットハーバーでヨットが転倒したり、コンテナが道路まで流されるなどの被害が発生したが、すでに黒岩祐治県知事の視察の様子を含め詳細が報じられている。そこで、本稿では、主に後者の稚児ヶ淵、岩屋洞窟を中心とする南西部エリアに関し、今後の対応について、管轄する藤沢市に取材した。

具体的な被害は?


工事用フェンスが立てられ、稚児ヶ淵、岩屋洞窟方面へは立ち入りができなくなっている(筆者撮影)

稚児ヶ淵、岩屋洞窟に向かうには、片瀬海岸と江の島を結ぶ「江の島弁天橋」から稚児ヶ淵を結ぶ遊覧船「べんてん丸」を利用する海路と、島の西に位置する江島神社奥津宮境内から石段を下りて向かう陸路がある。取材した12月12日現在、遊覧船は運休中、陸路は石段を下りた付近に工事用フェンスが設置されており、立ち入ることができなくなっている。

同エリアで被害が発生している主な施設は、稚児ヶ淵レストハウス、岩屋洞窟、および岩屋洞窟の付帯施設である通路などだ。

まず、稚児ヶ淵レストハウスに関しては、建物前の市道のブロックが波により破損し、めくれた状態になっているほか、建物入口への階段の手すりや、建具が壊れるなどした。入口の扉は引き戸だが、波の力によって、中に入り込んでしまう被害も発生したという。同施設の所有は藤沢市で、復旧にかかる費用は、およそ500万円。現計予算から支出し、すでに復旧に向けて、一部の工事が開始されている。


第二岩屋の内部。洞窟内には波に運ばれたゴミや砕けた岩などが堆積している(写真:藤沢市)

一方、より深刻な被害が発生しているのが岩屋洞窟だ。台風の直撃が高潮の時間と重なったため、波が洞窟の最深部まで流れ込み、現在、洞窟内には波に運ばれたゴミや砕けた岩などが堆積しており、特に奥のほうで堆積状況がひどいという。また、落石防止の防護ネットがはがれたほか、洞窟内を歩く拝観者にロウソクを渡すロウソク小屋も流され、破壊された。さらに、付帯施設である、稚児ヶ淵と岩屋洞窟入口を結ぶ通路、第一岩屋と第二岩屋を結ぶ通路の高欄も壊れたため、岩屋洞窟の復旧にかかる費用は1億4160万円に上る。

岩屋洞窟の復旧に関しては、現計予算で対応しきれない部分について、12月の市議会で補正予算を審議中であり、その後、入札等を行うことから、復旧工事の着工は、どんなに早くとも年明けになる。

さらに被害額増加の可能性も

台風による被害額は上記にとどまらない可能性が大きい。まず、岩屋洞窟の入口から岩場に下りる「第二階段」は鉄筋コンクリート製だが、中の鉄筋がねじ曲がるような形で破壊され、波の圧力が相当大きかったことを物語っている。

「人間が想定する以上の圧力がかかることを考えると、強度を増せば大丈夫ということにはならない。復旧に当たっては、構造的に問題がないかという視点での検討も必要だが、壊れたときに復旧しやすい方法や、そもそも現状の位置に階段を設置すべきか含め、総合的に再設計することが必要」(藤沢市観光シティプロモーション課の木村課長補佐)

この再設計に基づき、再設置する場合の工事費用は上記の1億4160万円には含まれていないため、復旧費用はさらに増える可能性が大きい。

また、台風による直接被害にとどまらず、岩屋洞窟の閉洞による、観光収入の逸失も無視できないレベルになる。岩屋洞窟の入洞料は、藤沢市の観光収入の、いわば“稼ぎ頭”であり、2016年の収入は、およそ1億8000万円に上った。昨年は、「ポケモンGO」の流行による訪問者増があったことなども考慮する必要はあるものの、昨年の収入ベースで単純に計算すれば、半年間、営業を休止すれば9000万円の減収となり、他の観光事業の展開にも影響が出る。

さらに、岩屋洞窟内の文化財の状況も不安材料だ。古くは弘法大師や源頼朝が訪れたという伝承もある岩屋洞窟内にはさまざまな石仏等の展示物がある。これらが波により、どのような影響を受けたかに関しては、現状、土砂に埋もれている部分が多い状況なので、取り除いてみないと確認できないという。

さて、今後の復旧の見通しはどうなのか、観光シティプロモーション課の齋藤課長に話を聞いた。

「まず、すでに工事に着手しているレストハウス前と岩場への導線に関しては、年内には、岩場に下りられるようにし、ある程度の人の回遊性を確保したい」と話す。遊覧船べんてん丸の船着き場が岩場にあるため、岩場への導線が復旧すれば、遊覧船が再開できる可能性があり、人の流れが増えることも期待できるのだ。奥津宮から稚児ヶ淵周辺の飲食店は被害発生後も営業を続けているが、観光客の減少に苦しんでいる店もあり、同エリアの人の回遊性の確保は急務なのだ。

GWまでの営業再開を目指す


「湘南の宝石」は、メイン会場の「サムエル・コッキング苑」が島の頂上部であり、台風の被害が発生した場所から離れているため、藤沢市によれば「今のところ、客足に影響はない」という(筆者撮影)

次に、岩屋洞窟の復旧に関しては、「年間で最も人が増えるゴールデンウイークまでの営業再開を目指し、(現在審議中の)補正予算が付いた後はスピード感を持って対応したい。再設計が必要な岩屋洞窟入口付近の第二階段等についても可能な限り早期の工事完了を目指す」とする。

岩屋洞窟は、1971年の閉鎖後、1993年4月から公開が再開されたが、今回のような大きな被害が発生したのは初めてだ。高潮時に台風の直撃が重なったのが主な原因であるが、来年以降も同様の被害が発生する可能性は否定できない。一方で、岩場の地形自体が観光・環境資源であることから、防潮堤の設置など根本的な対策を取ることが難しいというジレンマがある。