安倍首相は今年の年末年始は静かに過ごす?(撮影:尾形文繁)

列島各地の盛り場にジングルベルが鳴り響く年の暮れ。演目が猫の目のように変わった2017年の「永田町劇場」でそれぞれの場面を盛り上げた「主役」たちは、悲喜こもごもの表情で除夜の鐘を聞き、新年を迎える。

漁夫の利の選挙圧勝で「主役」の座を維持した安倍晋三首相は、ハワイの真珠湾訪問など年末ぎりぎりまで世界を駆けめぐった2016年とは違い、年末年始は都内のホテルなどで英気を養う予定だ。一方、衆院解散直前の希望の党結党時には「永田町の主役」としてもてはやされた小池百合子東京都知事は選挙惨敗で党代表も辞任し、国政を離れて年明け以降も都庁に引き籠る。対照的に小池氏の「排除」をバネに野党第1党に躍進した立憲民主党の枝野幸男代表は、「草の根民主主義」を旗印に肩で風を切って勢力拡大に取り組む。

内外情勢が揺れ動いた今年の流行語大賞には「忖度」、そして今年の漢字には「北」が選ばれた。いずれも今年の政治に絡むものだが、首相ら永田町の主役たちの反応にも複雑な思いが浮き彫りとなる。

10・22衆院選に圧勝し、再登板時からの国政選挙5連勝で"1強政権"の勢いを維持した首相だが、今年の政権運営を揺さぶり続けたのは「森友・加計学園問題」だった。いずれも学校建設での許認可に絡むものだが、森友学園では籠池泰典前理事長(詐欺容疑で逮捕)、加計学園では加計孝太郎理事長という中心人物が首相や昭恵夫人の「親しい友人」だったことで、政治的な疑惑として野党やマスコミの厳しい追及にさらされたからだ。首相の感情的な国会答弁も重なって、内閣支持率が急落するなどで「政権の危機」も囁かれる事態を招いた。

「もり・かけ疑惑」は未解明のまま越年

今年の流行語候補から大賞に選ばれたのは「インスタ映え」と「忖度」。前者は国民生活へのインターネットの浸透を象徴しているが、衆院選や都議選では一部のネット巧者達が票集めに活用する場面も目立った。後者は首相を悩ましたいわゆる「もり・かけ疑惑」を象徴する言葉で、政治の闇が絡んで国会やメディアの言語空間で飛び交い続けたことで受賞した。

「忖度」を辞書でひくと「他人の心を推し量ること」が真っ先に出てくる。日本社会ではごく日常的なことともみえるが、今春から永田町を騒がせ続けた「もり・かけ疑惑」の核心が、関係省庁の役人らによる首相への「忖度の有無」とされたことで早い時期から大賞の最有力候補に挙がっていた。

大幅値引きによる国有地売却という「森友疑惑」が浮上した2月には、首相は国会答弁で「私自身や妻、さらには私の事務所が少しでも関わっていたら総理大臣だけでなく議員も辞職する」と啖呵を切った。しかし、昭恵夫人と籠池夫妻の親密な関係が次々に写真や動画などで明らかとなり、国有地売却を主導した財務省当局の「交渉記録は残っていない」などのふてぶてしい国会答弁も加わって一大政治スキャンダルとなった。安倍政権のアキレス腱として未解明のままで年を越すため、まだまだ、「過去の言葉」とはなりそうもない。

一方、今年1年の世相を表す漢字(1文字)の「北」は、世界中に「恐怖」をまき散らしている北朝鮮の核開発への国民の不安の大きさから選ばれた。度重なる長距離弾道ミサイル発射や核実験による北朝鮮危機に、首相は年初に就任したトランプ米大統領とタッグを組んで「圧力」一辺倒で対応し続けているが、打開の道は見えず、年明け以降も緊迫状態が続く。

今年2月の首相訪米、11月の大統領訪日で2度のゴルフ対決も含めて「ドナルド・シンゾー」関係は広く国際社会に鳴り響いた。しかしその親密さが北朝鮮の「日本攻撃」の理由となっていることで、野党側は「北朝鮮対策での日米首脳の『完全な一致』は外交的には大問題」(岡田克也元民進党代表)と首相批判を展開している。

「つらい1年だった」と涙ぐむ昭恵夫人

「北」という漢字には「背く」「逃げる」という意味も含む。「もり・かけ疑惑」への政府与党の対応は、首相が国会答弁などで明言した「丁寧な説明」という約束とは程遠い「逃げ一辺倒」の印象も拭えない。各種世論調査で8割近い「政府の説明に納得できない」という国民に思いに対する背信行為ともみえる。

森友問題で「籠池氏との親密な関係が国有地売却交渉での大幅値引きにつながった」(共産党)と指摘された首相夫人の昭恵さんは、年末の公式パーティの挨拶で「今年は本当にいろいろなことがあり、つらい1年だった」と涙ぐんだが、一時自粛した自身のフェイスブックへのコメント書き込みも再開している。

しかし、野党側は年明け以降も疑惑追及を続ける構えだ。年末になって東京地検が強制捜査に踏み切ったスーパーコンピュータ開発会社の詐欺事件も、永田町では官邸絡みとの噂が飛び交う。このため、立憲民主党の辻元清美国対委員長は「もりそばと、かけそばだけだと思っていたら、スパゲティまで出てきた 。もり・かけ・スパだ」と妙な語呂合わせで徹底追及をアピールする。

そうした中、首相は今年の漢字の「北」について「北朝鮮の脅威が 現実的な、差し迫ったものになった1年間だった」と指摘した上で、 自身の1字としては「挑(いどむ)」を挙げ、「北朝鮮の脅威という国難に挑み、総選挙に挑んだ年」と解説した。女房役の菅義偉官房長官も北朝鮮に振り回された1年を振り返り「選ぶとすれば安全安心の『安』だ」と語り、安定政権の成果を誇示した。


2017年は小池百合子氏が政界を大きく動かした(撮影:尾形文繁)

小池氏の「改」は「悔い改める」の意?

一方、「今年の主役」の1人で、衆院解散時に「小池新党」と呼ばれた希望の党結党で政権交代を目指しながら、自らの「排除」発言などで急失速した小池氏は「改」を選んだ。「改革の『改』。改めていろいろ挑戦したいと思うし、改めて都政にしっかり取り組みたい」と笑顔で語った同氏だが、口さがない向きは「悔い改めるの『改』では」と揶揄する。

小池氏にとって当面最大の課題となる築地市場の豊洲移転は2018年10月11日に決まった。しかし、地元の江東区が市場受け入れ条件である豊洲市場内の観光拠点「千客万来施設」整備事業の実現が不透明となっていることに懸念を表明している。小池氏はこの施設について「最優先に整備するよう努力する」と表明したが、関係者はなお不安を隠さない。

もちろん、小池都政の至上命題は2020年夏の東京五輪・パラリンピックへの準備だ。当然、小池氏と首相や森喜朗・組織委員会会長(元首相)との密接な連携が前提となる。しかし、もともと首相らとは折り合いの悪い小池氏が、先の衆院選で希望の党を率いて「安倍政権打倒」の先頭に立ったことで、「双方の関係は最悪レベル」(自民都連)とみられている。

「改」を選んだ小池氏だが、年明け以降に首相らへの対応を抜本的に「改め」ない限り、「日本が変わる」(首相)はずの東京五輪の開催準備にも綻びが出かねない。

流行語大賞の選考結果をみると、小池氏関連の言葉としてトップテンには「〇〇ファースト」が入り、「アウフヘーベン」もノミネートされた。最強とみられた「排除」が選考対象から外れたのは「政治的考慮」(関係者)とされるが、いずれにしても小池氏が「今年の主役」の1人だったことは間違いない。「首都の女帝」「緑のたぬき」など様々な呼び名でメディアをにぎわした小池氏だが、「新たな年を、目立たず、地道に都政に専念することができるのかどうかで、政治家・小池の未来が決まる」(自民幹部)ことになりそうだ。

「華々しく咲いて、無残に落花」した小池氏とは対照的に、衆院選での大躍進で一気に「野党の主役」に躍り出たのが、枝野氏だ。東日本大震災による福島原発事故の際は、菅直人内閣の官房長官としての「不眠不休」の奮闘ぶりで、当時のインターネット空間では「枝野寝ろ・菅寝るな」の書き込みがあふれた。しかし、民主党政権崩壊後は同党や、党名変更後の民進党の幹部として代表の「下支え役」に徹してきた。

ハッシュタグに奮い立った枝野氏は「立」

しかし、民進党解党―希望の党合流という「突然の嵐」(枝野氏)の中で、小池氏の「排除」発言を受けてツイッター上では「枝野立て」のハッシュタグに書き込みが殺到した。枝野氏自身も「このハッシュタグが立憲民主党結党の原点」と語り、自らの今年の漢字も「立」とした。

衆院選後に党存続を決めた古巣の民進党から「再結集」の呼びかけが続くが、「永田町の権力ゲームに乗るのは自己否定」と応ずる気配はなく、「民進、希望両党には同じ志を持つ議員も多い。個人として(離党して)我が党に来られるのは大歓迎」と党拡大にも自信を示す。野党第1党としての「自立」を重視するからだ。

12月21日の日本記者クラブの会見の際のゲストブックへの揮毫で「立つ」と書いた枝野氏は、史上最少の野党第1党という現実についても「民進党時代より政治理念、政策がすっきりした」として「小さな勢力だからこそチャレンジできる」と笑顔で胸を張った。枝野氏は年末年始返上で自前の地方組織立ち上げを押し進める考えで、民進党籍を持つ地方議員にも年内入党を働き掛けている。

ただ、既存の党組織の温存を狙う民進党の大塚耕平代表は「枝野さんらしくない。他者の自由意思に何かを強要するようなことはあってはならない」と不快感を露わにする。永田町でも「野党分裂の拡大は与党の思うつぼ」との声が支配的で、「自立」を目指す枝野氏の立ち居振る舞いには「敵(首相)に塩を送る」(民進幹部)という不安もつきまとう。

今年の漢字の投票順位ベルトテンをみると2位が「政」、4位が「核」、6位が「選」と政治絡みの字が多い。流行語大賞も同様で「共謀罪」「Jアラート」「働き方改革」に加えて、「ちーがーうーだーろー!」「魔の2回生」もノミネートされた。大賞の「忖度」の受賞者は、騒動に便乗して「忖度まんじゅう」を発売して大当たりした企画会社社長だったが、「(本来の受賞対象者は)国会で忖度を追及された財務官僚のはず」との声も少なくない。首相ら政界の「今年の主役」たちがこうした世相をどう受け止めたかは不明だが、新たな年は「政治絡みの負の話題からの脱却」(自民長老)が国民の願いとなりそうだ。