スターウォーズの映画で「帝国軍=共和党、反乱軍=民主党」と見ると、アメリカが見えてくる(写真:Shutterstock/アフロ)

皆さん、年末の風物詩はもうご覧になっただろうか? ほら、あれだよ、『スターウォーズ』(SW)のエピソード8『最後のジェダイ』のことだ。2年前の2015年に封切られた前作のエピソード7『フォースの覚醒』よりも格段に良い。ファンの方は映画館に急がれたし。そうでない方も、年末年始のお休みにお勧めしますぞ。

スターウォーズ最新作から浮かび上がるアメリカとは?


この連載の記事はこちら

前回『フォースの覚醒』は、続編を待ち焦がれたSWファンの心をくすぐるような作品で、その代わり意外性は乏しかった。新しい物語を楽しむというよりは、ハン・ソロやレイアと再会することが目的で、物語はほとんど予想どおりに展開した。ところが今回は何度も観客の予想は裏切られる。「おっ、そう来たか」「えっ? それでいいの?」などと、映画館の中で何度も身を乗り出した。

ファンの中には、「ちょっと違う〜!」という反応もあるようだが、これまでのシリーズに新解釈を持ち込んだライアン・ジョンソン監督の勇気は買いたい。ちなみにこの秋に封切られた『ブレードランナー2049』にはそれが足りなかった――などというオタク話はここでは自粛しよう。封切りからまだ1週間なので、あまりネタバレにはならぬよう、この映画から浮かび上がってくる「今のアメリカ」について語ってみたい。

1978年に第1作『新たなる希望』に登場したレイア姫は、まるでおとぎ話のような可憐さであった。あの「お団子ヘアー」が懐かしい。ところが今回、反乱軍を率いるレイア・オーガナ将軍は、まるでヒラリー・クリントンのような貫禄である。そりゃそうだ。最初のときのワシは高校2年生で、それが今では50代後半になっている。時は流れたのだ。残酷なほどに!

第3作『ジェダイの帰還』でレイアたちは勝利し、帝国軍は崩壊する。しかし今度は「ファースト・オーダー」なる残党が台頭し、今やレイアはレジスタンスを率いる立場。時に利あらず、反乱軍は撤退を重ねる。そしてこの「ファースト・オーダー」という悪玉、2年前にエピソード7を見た時には思いもよらなかったが、今では「アメリカ・ファースト」を唱えるあの人に重ねてみたくなる。

なんとなれば、映画の中で帝国軍を構成しているのは将校から兵士まで白人男性ばかり。そして反乱軍はと言えば、指導者レイアも主人公レイも女性。そして準主役級のフィンは黒人(もともと帝国軍兵士だったが、疑問を感じて寝返ったという設定)。さらに本作では、アジア系女性のローズという新キャラも登場する。これがとってもいい味を出しているのだが、最初に見たときは片桐はいりさんかと思ったぞ(天童よしみだと言う人もいる)。

これはどう見たって、「帝国軍=白人中心=共和党」と、「反乱軍=多様なアメリカ=民主党」の対立だよね。映画を作っているハリウッドは、ブルーステーツのカリフォルニア州にあるから、当然のことながら後者に肩入れする。トランプ支持者の間では、SWシリーズは不人気だという話を聞くが、それもあながちわからないではない。

この構図を現実のアメリカ政治に当てはめると、帝国軍=共和党はドナルド・トランプ大統領というハチャメチャな最高指導者の下、幹部たちとの軋轢が絶えず、これまで目立つ実績を挙げられないでいた。ところがクリスマスを迎える間際に、とうとう減税法案が成立した。10年間で1.5兆ドルもの規模で、トランプ大統領は「国民へのクリスマスプレゼントだ!」と自画自賛している。「史上最大!」とはいつもながらの誇大広告だが、大きな成果であることは間違いない。

2018年の共和党は福祉政策に切り込む可能性

税制改正の成立は、共和党が現政権下でほとんど初の成功体験を得たことを意味する。かつて「プロは勝てば和ができる」と言い放った野球監督がいたが、これまで内輪揉めが続いていた帝国軍、もといホワイトハウスと議会共和党は、これでようやく足並みが揃ってくるだろう。2018年の共和党は、ずばり福祉改革に切り込んでくると見る。

それというのも、彼らは減税で生じる財政赤字を何かで穴埋めしなければならない。そこで社会保障、メディケア、メディケイド、フードスタンプなどの福祉予算(エンタイトルメントと呼ばれる)全体を切り込んで財源にしてしまえ、というわけだ。しかもこれらは民主党の「聖域」予算なので、11月の中間選挙にもプラスに働くという狙いがある。

それでは減税による景気刺激効果はどうか。大型減税はケネディ政権以降で7回実施されているが、その平均の失業率は7.0%。それが今回は4.1%(2017年11月)である。つまり好調な経済を更に刺激することになるので、景気が過熱してしまうかもしれない。すると今度は金融政策に跳ね返ってくる。つまり財政が緩和される分、利上げが早まるかもしれない。この点は、2018年2月に登場する新キャラ、ジェローム・パウエルFRB議長に注目ということになる。いずれにせよ、2018年はドル高となる公算が高い。

民主党は11月の中間選挙で「25+2」議席が必要

それでは、対する反乱軍、もとい民主党はどう戦うのか。ヒラリー・クリントンの敗北から1年、いまだ「喪中」が続いている感がある。党内を見渡せば、2020年大統領選候補に名前が上がるのは、バーニー・サンダース上院議員(76歳)、ジョー・バイデン元副大統領(75歳)、エリザベス・ウォーレン上院議員(67歳)といった高齢で新味のない顔ぶればかり。救世主はいまだ登場せず。しかし贅沢は言っていられないので、とにかく11月の中間選挙に全力を投入するしかない。

そこに立ちはだかるのは、単純な「算数」の問題だ。下院は任期2年なので435議席が全数改選となる。現在は共和党が240議席、民主党が194議席、空席1となっている。大差ではあるが、過去にそういった大逆転劇が絶無であったわけではない。

問題は上院である。任期6年なので、100議席が2年ごとに3分の1位ずつ改選となる。2018年は34議席が改選となるが、現職は民主党が25議席、共和党が9議席となっている。そして民主党が上院で多数をゲットするには2議席増が必要となるが、25議席を全部守ったうえで、相手の9議席から2つ奪わなければならない。ハードルは高そうだ。

今回の減税への評価は、中間選挙の大きな争点になるだろう。減税法案は、とにかく突貫工事で作業が進められた。しかるに税制は複雑な体系であり、「神は細部に宿る」とも言う。今後、「ええっ?こんなことになっちゃったの?」という声があっちこっちから出るのではないか。果たして1年後にはどんな評価になっていることやら。たぶん民主党側は「金持ちと大企業優遇で、庶民に冷たい税制」との非難を強めるだろう。そして共和党側は「景気の好調さはトランプ政権の功績」と突っぱねるだろう。二大政党の闘いは、いくつもの因縁を積み重ねて未来につながっていく。

こうしてみると、アメリカ政治はますます「親の因果が子に報い」のスターウォーズ叙事詩に似ているではないか。SWシリーズは次回のエピソード9(2019年12月公開予定)で完結するが、共和党と民主党の抗争劇はそれこそ未来永劫続けられるに違いない。

さて、最後は競馬コーナー。それも2017年を締めくくる有馬記念(12月24日15時25分出走、中山競馬場11R、G1)だ。単に売り上げで世界最大を誇るレースであるというだけでなく、「第九」や「年末ジャンボ」と同様に年の瀬の恒例行事として、日本社会に深くふかーく定着している。競馬は興味ないけど、有馬だけは買う、という人は少なくないだろう。思えば40歳までの筆者もそうであった。でも40過ぎての道楽と夕暮れ時の雨は、止みそうで止まないものなのだよ。

年末の有馬を迎える競馬ファンの気持ちは誰もが同じ。そこで今回は特別に、執筆陣の山崎元さん、ぐっちーさんお二方の予想も併せてご覧いただこう。

山崎さん「キタサンは『ブラック』だけに働きすぎ」

有馬記念は、(1)余力の有無、(2)コース・馬場適性、の二点が重要だ。そして、今年の競馬の最大の教訓は「走り過ぎ要注意!」。象徴的には、高速決着の天皇賞・春の上位馬の次走の不調だ。

ちなみに、競馬ファンは賭け過ぎに要注意だ。今年の負けを有馬で取り戻そうなどと考えてはいけない(相場では、たいてい「大損」は損を取り戻そうとして生じる)。

さて、連軸は、前走のジャパンカップ(JC)を無理せずに「大敗で流した」サトノクラウン。宝塚記念と同じ右回りも、年末の荒れ気味の馬場も合う。

内枠を引いた強運もありキタサンブラックが対抗だ。しかし、天皇賞・秋、JC、さらに有馬も激走するのは、名前が「ブラック」とはいえ働き過ぎではないかとも思う。

個人的には力の入る単穴が、3歳馬のスワーヴリチャードだ。力は十分だが、皐月賞の映像を見るに、この馬は右回りがかなり苦手だ。本当はJCに行って欲しかったが、外めの枠だし、何せM・デムーロだ。単勝の夢はこの馬で行こう。

ミッキークイーン、ルージュバックの牝馬2騎の無欲の追い込みを押さえる。

ぐっちーです。さて、2017年最後の古馬G1レース、有馬記念であります。今回は特別枠にて吉崎さんの記事の中に突っ込ませていただきました(笑)。

全くもって、キタサンブラックが早くから決めていた引退レース。ファンの得票数も圧倒的NO.1で、絶対勝ちたいレースで1枠2番を引いてくる……。しかも有馬記念は中山の右回り2500メートルなのだ……(内枠が圧倒的に有利)。引いた武豊騎手がすごいのか、さすがにオーナーの北島三郎さんの強運がさく裂したのか何ともいえませんが、これは相当有利にことが運べることは間違いない。

ぐっちーさんの本命はシュヴァルグラン、JCから連勝!

ただし、有力馬が有馬で負けるパターンは天皇賞、JCと激走が続いたパターンが多く、2017年はまさにこのパターンに該当。ただでさえ、さすがにこの期間で3走は走り過ぎ。そのうえ、「激走が続いた後、有力馬がやられる」というケースは、これまで何ども見てきました。まあ、負けた場合には大体「大外の枠を引いちゃった(から勝てなかった)」、とか注文がついているケースが多いのですが、果たして絶好枠の1枠2番を引いた今回のキタサンはこの壁をぶち抜けるのか、非常に興味のあるところです。

ということで、今回の本命はこの激走パターンを避けて、比較的ゆっくりしたローテーションでJCを制したシュヴァルグラン。こちらはまだ余力十分でJCあの勝ち方ですから、むしろ強いのはこっちでしょう。ヒュー・ボウマン騎手が完全に手の内に入れたのも大きいと思います。

対抗はサトノクラウン、スワーヴリチャードとなるわけですが、ミルコ・デムーロ騎手がサトノクラウンを出走させているオーナーの里見浩さんを袖にしてまでわざわざスワーヴリチャードを選んだのが、すごく気になります。正直、彼は里見さんにはすごくお世話になっていて頭が上がらないはずで、ここで断れる理由は、普通はないはずです。ということは……。

「キタサンを負かすにはサトノクラウンでは難しい」、とデムーロ自身が確信しているということでありまして、可能性をスワーヴリチャードの瞬発力に賭けた、と考えていいと思います。ということで、馬券的にはすっきりで、シュヴァルグラン―スワーヴリチャードの馬単、馬連のガチ勝負で1年間を締めくくりたいと思います。終わりよければすべてよし! みなさま、良いお年を!

お二方の予想は、いかがだったか。ところで有馬と言えば、「世相馬券」である。「有馬ではその年を象徴する馬が来る」と言われる。たとえば2017年の漢字は「北」であった。だったら、有馬が引退レースとなるキタサンブラックが、7つ目のG1レースを制して有終の美を飾る、というのは誰もが考える美しいストーリーであろう。

しかし筆者のようなへそ曲がりは、そんな単純な予想は断固拒否したい。夏の宝塚記念で凡走したキタサンブラックは、同じグランプリレースである有馬でも期待を裏切るのではないか。それに不透明性の2017年を締めくくる有馬なんだから、今年はきっと荒れる。ここで思い出すのは2007年、ちょうど10年前の有馬記念だ。9番人気のマツリダゴッホが来て、アナウンサーが「祭りだ、祭りだ!」と絶叫したものである。

マツリダゴッホは直前、天皇賞秋で15着と惨敗し、大方のファンのレーダーサイトから消えていた。ところが重要だったのは中山実績のほうで、9月のオールカマーでは1着だった。そして今年もオールカマー1着で、エリザベス女王杯を9着と大敗し、完全に人気圏外となっている馬が居る。そう、ルージュバックだ。

有馬はルージュバック! 別の「北」が炸裂する!

2017年はひとつ牝馬に賭けてみよう。有馬における鞍上は、前走のムーア騎手から北村宏司騎手に戻る。「今年の漢字は『キタ』サンではなく、『北』村騎手のほうだった!」というアナウンサーの絶叫が今から聞こえるような気がするぞ。

え? マンハッタンカフェ産駒は、有馬ではあまり勝ってないじゃないかって? なんのほかならぬマンハッタンカフェ自身が、2001年の有馬を制しているではないか。そしてその年の有馬を当ててしまったがために、翌年から競馬場通いが止まらなくなったのがかくいう筆者なのである。

ということで、今年は薄い確率に賭けてみる所存である。己の夢を買わずして何の競馬、何の有馬ぞ。読者諸兄も有馬を勝って、どうぞ良いお年をお迎えあれ!