くるり、10,000枚限定シングル「その線は水平線」を2018年2月21日発売決定&全国ツアーのタイトルは「線」

写真拡大

くるりが、2018年2月21日に10,000枚限定シングル「その線は水平線」をリリースする。

京都出身のロックバンド、くるりがリリースする通算31枚目となるニューシングルは10,000枚の限定生産、なくなり次第販売終了となる。カップリングには今年9月に地元で開催した<京都音楽博覧会2017 IN 梅小路公園>のライブ音源より、粒ぞろいの6曲をふんだんに詰め込んだ計7曲を収録予定となっている。

またリリース直後から開催される全国ツアーのタイトルも、<くるりライブツアー 「線」>に決定。2月23日のZepp Osaka Bayside公演を皮切りに、3月31日のZepp Tokyo公演まで全国14都市を駆け巡る。

「琥珀色の街、上海蟹の朝」「How Can I Do?」に続き、くるりワークスの表題を飾る新曲、「その線は水平線」。いったいどのような楽曲に仕上がっているか期待したい。

10,000枚限定シングル「その線は水平」
2018年2月21日(水)発売
VICL-37359 1,700円+税

1.その線は水平線
2.ジュビリー from 京都音楽博覧会2017
3.everybody feels the same from 京都音楽博覧会2017
4.特別な日 from 京都音楽博覧会2017
5.京都の大学生 from 京都音楽博覧会2017
6.WORLD’S END SUPERNOVA from 京都音楽博覧会2017
7.奇跡 from 京都音楽博覧会2017
配信情報:iTunes Store、Spotify他主要配信サイトおよび定額制聴き放題サービスで同日配信開始

◆くるり オフィシャルサイト