2018年10月からの生活保護費見直し 受給世帯の67%で減額

ざっくり言うと

  • 厚生労働省が生活保護費の見直しで、受給世帯の67%が減額する試算を示した
  • 子どものいる世帯では引き下げが43%で、総額の影響が及ぶ母子世帯は38%
  • 一方で、地方の小規模自治体では10%以上の増額となるケースもある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング