4人組ガールズバンド・Silent Sirenが、全国240店舗以上(※2017/12/20現在)で展開している中華そば専門店「天下一品」のCMキャラクターに就任することが明らかになった。

「天下一品」は、Silent Sirenのメンバー・ひなんちゅ(Dr)が高校時代に3年間ほどアルバイトをしていたという縁もあり、2017年度の同CMに出演。そして、2018年度はSilent Sirenのメンバー4人でCMキャラクターを務めることになった。

2017年8月の“サイサイフェス 2017”フードコーナーにて出店し、当フェス限定のスペシャルラーメンを提供していたことから、ファンの間でも認知度の高い「天下一品」。今回、Silent Sirenが同店CMに出演することは、ファンにとっても待ち望んでいたコラボだろう。CMは“こってりラーメン篇”“味がさね篇”の2種類。撮影は、2017年11月に京都・天下一品 一号線下鳥羽店で行われた。

“こってりラーメン篇”は、店員に扮するひなんちゅが、すぅ(Vo&G)、あいにゃん(B)、ゆかるん(Key)を迎える場面から始まり、スープのこってり感とラーメンをすする音が食欲をそそる。「天下一品」グループの社長・木村勉氏も登場しており、店員役のひなんちゅとの掛け合いは、実際の厨房とフロアのやり取りそのままに見えるくらいリアルなもの。

一方“味がさね篇”は、ラーメンに別添えする4つの薬味とサイサイメンバー4人を重ね、“天下一品もサイサイもファンのみなさんの応援を力にして、積み重ねていくことが宝になる(=大切である)”というメッセージを表現している。また、両篇ともに注目ポイントとして挙げたいのが、メンバーたちがラーメンを食べ終わった後の表情。この“美味しい!”と感じている至福の表情を見ると、思わず天下一品のラーメンを食べたくなる。

さらに同CMで使用されている楽曲は、メンバーのひなんちゅが作詞を手掛けたSilent Sirenオリジナルソング『天下一品のテーマ』。その歌詞は、“赤い看板”“京都 発祥 屋台から”“こってり 味がさね”といったワードが並び、天下一品の歴史やメニューを盛り込んだ、まさにテーマソング的な内容となっている。

Silent Siren出演の「天下一品」テレビCMは、12月23日より放映される(全国/関東エリアは12月24日から)。