【ソウル聯合ニュース】韓国の趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官は22日、「朝鮮半島の状況を安定的に管理することに重点を置いている」とし、「平昌冬季五輪に北が参加することにより、朝鮮半島の緊張が緩和する契機になることを期待している」との考えを明らかにした。

 在外公館長会議に出席するため駐在国から一時帰国している韓国の大使・総領事らを対象に行われた講演で述べた。

 趙長官はまた、政府が北朝鮮の挑発に対応し強力な制裁と圧力を加えながら、最終的には北朝鮮核問題を平和的・外交的な方法で解決するために努力していると説明した。また、南北関係は統一を目指さなければならない特殊性があると強調した。

 趙長官は出席者に向け、今後も北朝鮮核問題の平和的解決と朝鮮半島の平和構築のために駐在国で積極的に努力してほしいと要請した。