中国ベンダーのOnePlusが2018年に発表を予定しているとされる「OnePlus 6」は、iPhone XのFace IDに近い顔認識技術を搭載するのではないかと噂されています。

Apple製品をコピーするのは当たり前

OnePlusがApple製品の機能をコピーするのは特に新しいことではありません。同ブランドの2017年のフラグシップ機「OnePlus 5」には、iPhone7 Plusと非常に似た背面パネルが見られました。
 
今年の11月に発表された「OnePlus 5T」は、iPhone XのFace IDにインスパイアされたであろう顔認証機能を搭載しています。

「OnePlus 5T」の顔認証はログイン専用

2017年の秋デビューした「OnePlus 5T」の顔認証技術は、iPhone XのFace IDよりも格段に速くロック解除することができるといわれていますが、生体認証決済を行なうことはできません
 
OnePlusとしては、Face IDを使用してApple Payの決済を行なえるような顔認証技術をフラグシップ機に搭載したい思惑があるとみられており、赤外線3Dカメラのモジュールが盛り込まれた、iPhone XのTrueDepthカメラのような深度カメラの装備を「OnePlus 6」で計画しているとのことです。
 
また、3Dカメラはデバイスの画面側に取り付けられるとのことですが、iPhone Xのようなノッチ(切り欠き)部分のような方法では行なわれないと推測されています。
 
あくまで現段階では噂の範疇なので、「OnePlus 6」の情報は参考程度にとどめておくのが良いと思われます。
 
 
Source:Android Marvel
Photo:TechnoBuffalo
(lexi)