韓国を中心に活動するアイドルグループBLACKPINKとiKONが来年1月に、「SHIBUYA109」、「109MEN’S」を始めとする109施設との大型コラボレーションをおこなう。109施設に特大のビジュアルが掲載され、オリジナルアイテムを取り扱うポップアップストアがオープンするなど、東京・渋谷の街を華やかに彩る。

 現在、韓国のみならず日本を始め世界各国から熱い視線を集める2組のアーティストが、日本を代表する商業施設である109とのコラボレーションを果たす。

 BLACKPINKとiKONは2018年1月におこなわれる「109 WINTER SALE」のイメージモデルとなり、SHIBUYA109、109MEN’Sを始めとした全国7カ所の施設で、最新トレンドファッションをまとった撮り下ろしのビジュアルが掲載される。

 そしてオリジナルアイテムを取り扱うポップアップストアのオープン、館内ブランドとのコラボレーション限定アイテムの販売、サイン入りポスター他プレゼントキャンペーンの実施や、コラボレーションカフェのオープンなど、様々な施策を展開する。

 また、BLACKPINKがSHIBUYA109のシリンダー広告、iKONは109MEN’Sの懸垂幕に登場することも決定。時代を問わず若者たちのシンボルとも言える商業施設の2カ所に掲載される特大のビジュアルは見どころ。

BLACKPINK

 BLACKPINKは昨年8月の韓国本国でのデビュー以降、リリースした楽曲全てが立て続けにヒットを記録し多くの新人賞を総なめに。グループのYouTube Channel動画総再生回数10億回を突破するなど、新人ガールズグループとしては異例の記録をきざみ続けている。

 日本においても彼女たちに対する関心は非常に高く、日本デビューに先立ち7月20日におこなわれ、初お目見えともなった日本武道館でのデビューショーケースライブ『BLACKPINK PREMIUM DEBUT SHOWCASE』のキャパシティが1万4000人であるにも関わらず、約20万件以上の応募が殺到しチケットは即時ソールドアウトに。

 8月にリリースした日本デビューミニアルバム『BLACKPINK』はオリコンウィークリーCDアルバムランキング(9月11日付)で1位を獲得し、「東京ガールズコレクション」「神戸コレクション」という、東西最大級のガールズイベントへの出演を果たすなど次世代のファッションアイコンとしてもスポットライトを浴びている。

iKON

 そして、iKONは2016年末の『第58回 輝く!日本レコード大賞』で最優秀新人賞を受賞した、BIGBANGの系譜を継ぐ7人組ボーイズグループ。2016年1月に発売された日本デビューアルバム『WELCOME BACK』はオリコンデイリーCDアルバムランキングで初登場1位を獲得。

 今年8月に発売した日本オリジナルミニアルバム『NEW KIDS : BEGIN』はオリコンウィークリーCDアルバムランキング1位をはじめ、ビルボード・ジャパン・トップ・シングル・セールス・チャート1位も獲得した。