ヤンマースタジアム長居で行なわれた女子サッカー皇后杯準決勝で、ノジマステラ神奈川相模原が延長戦の末、ジェフユナイテッド千葉レディースを1-0で下し、チーム創設6年目で初となる皇后杯決勝進出を決めた。


試合後ファンへの挨拶で、仲間たちと笑顔を見せた田中陽子(左)

 試合は両チーム譲らない攻防が繰り広げられた。互いに粘りの守備で決定的なシュートを防いだ。互いにわずかな隙間からでもシュートを放った。その1点を決めたのは、「もぎ取りたかった」と、南野亜里沙が執念でねじ込んだゴールだった。ゴールネットが揺れたのを確認した南野は、ベンチから飛び出してくる選手たちへ迷わず向かって走り出す。

 しかし、105分かかってこじ開けたゴールに沸いた後は、ジェフ千葉Lの猛攻が待ち構えていた。

 延長後半、ジェフ千葉Lが深澤里沙のシュートで反撃の狼煙(のろし)を上げると、続けて右サイドバックの若林美里が強烈なシュートを放つ。最後の15分間で4本ものシュートを浴びせるも、ノジマステラは全員が身体を投げ出し、跳ね返す。ロスタイムの2分間も守り抜き、ついに初タイトルへの挑戦権を手にした。

「ようやくここまで来ました。なんだか移籍で悩んでいた4年前が懐かしいですね」と感慨深い表情を浮かべたのは田中陽子だ。1部初昇格を果たしたノジマステラの今シーズンは、リーグ戦後半には思うように勝ち星を重ねることができず、得失点差でなんとか8位で残留を決めた苦しいものだった。田中は運動量を上げるために走り込み、トップレベルで通用するプレーになんとか近づけようとした。

 初めての皇后杯準決勝の舞台で、田中は攻撃型MFでありながら最終ラインまで下がってジェフ千葉Lの侵入者に食い下がる。田中のみならず、全員の意識がその連係したカバーリングに現れていた。皇后杯に向けて守備の課題に取り組んだ成果がそこにあった。失点ゼロで守り切ったからこそ得られた勝利。ただ、その分、田中の攻撃参加はいつもより控えめにならざるを得なかった。

「もう必死でした。でも全然ダメだった……」と本人の自己評価は辛口だ。攻守の切り替えが速いテンポで進む中、守備に追われれば田中にボールが入る位置は低くなる。味方へ預け、もう一度前線でもらうにはさらなる運動量が必要だ。

 決勝の相手はリーグ3連覇中の日テレ・ベレーザ。普通に考えれば、かなり分が悪い戦いになる。それでも諦めたくない強い想いがチームにも田中にもある。

 ノジマステラは今、ひとつの大きな区切りを迎えようとしている。ここまでチームを牽引してきた選手たちがスパイクを脱ぐ決意をしたのだ。

 6年前、土のグラウンドからその一歩を踏み出したキャプテンの尾山沙希もその決断をしたひとり。チームのピンチを身体ごと投げ出して救い、攻撃をサポートすべく全力で駆け上がる。彼女のプレーはノジマステラそのものだ。1部昇格時に、それまでの長い月日を想い、涙が止められずにいる彼女の姿が今も強く印象に残る。

「キャプテンとして本当に引っ張ってもらった」(田中)

 4年前、田中は思うようなプレーができず、一からやり直そうとノジマステラへ移籍してきた。そこには「移籍が間違いじゃないことを証明する」という意地もあった。そのすべてを受け止めたのが尾山を初めとする選手たちだった。


延長後半、ジェフの厳しい攻めにもなんとか耐えた

「創設メンバーの想いは新しい選手たちにも受け継がれている。初の決勝進出はこれまで関わってくれたすべての選手たちのおかげ」と菅野将晃監督も熱く語る。ベンチで戦況を見守る選手たちも気持ちは同じだ。

 延長後半も残りわずかとなったとき、尾山とジェフ千葉Lの千野晶子とが激しくボールを奪い合い、ピッチに倒れ込んだ。

 両者ともに体力は限界を迎えていたはずだ。足をつる尾山にベンチの選手たちから「がんばれ! がんばれー! あと少し!!」と大声が飛ぶ。表情を引き締めた尾山は、立ち上がろうとしている千野の背に一瞬優しく手を添えた後、再び走り出した。ノジマステラがどういうチームであるか、この場面を見ただけでも十分に伝わってくる。

 クリスマス・イブの決勝で対戦する日テレ・ベレーザとのリーグ戦績は、ノジマステラの1敗1分け。すべて1点差ではあるが、その実力差は歴然としていた。

「でも、(勝機が)ないわけじゃない。(相手が嫌がる)しつこいディフェンスをして先制点を取れれば乗れる」と、田中はその挑戦を楽しみに感じている。

「今、本当にサッカーが楽しいんです。みんなとひとつになって戦っている実感がある」

 今のノジマステラこそが、田中が求めていた”チーム”の姿なのだろう。ここまでの道を切り開く先頭に立ってくれた選手たちのために戦う──その想いを原動力にして、ノジマステラが新たな歴史を刻むことができるか。その答えはピッチにある。

◆スター軍団から2部チームへ。元ヤングなでしこ・田中陽子が下した決断>>

◆町のアイドル・乾貴士。エイバル市民に歴史的2ゴールのクリスマスプレゼント>>