エリカ・バドゥ、「オン・アンド・オン」と故フェラ・クティの楽曲を見事にマッシュアップ

写真拡大

 2017年12月20日にエリカ・バドゥが米TV番組『ザ・トゥナイト・ショー』に出演し、自身のヒット曲とナイジェリアのアフロビートの創始者、故フェラ・クティの楽曲の見事なマッシュアップを披露した。

エリカ・バドゥ パフォーマンス映像

 ハウス・バンド、ザ・ルーツに6ピースのホーン・セクションとコーラスを3名の加えた布陣が前奏を始め、しばらくするとゆっくりと後方から登場したエリカ。ブルーのロングコート、カーキのパンツに同色の厚底ブーツ、顔ほどの大きさの巨大な銅のイヤリングと両手にはゴールドの指輪と大量のバングルという彼女らしい個性的なファッションだ。触覚のようにピンピンと立たせた細い三つ編みを揺らしながら彼女は颯爽と1997年の『バドゥイズム』から「オン・アンド・オン」とクティの「Sorrow Tears and Blood」のソウルフルでファンキーなマッシュアップを披露し、相変わらずの圧倒的な歌力と存在感を見せつけていた。

 クティの「Sorrow Tears and Blood」は1977年の同名アルバムの17分にも及ぶ表題曲。彼のボックス・セット『Fela Kuti Box Set #4』が2017年12月15日に発売されたばかりだが、エリカ・バドゥがキュレーションを担当しており、彼女がセレクトしたアルバム7枚と、彼女による7つのエッセイなどが含まれている。


◎「On & On / Sorrow Tears」パフォーマンス映像
https://youtu.be/Oj-U0oZBL9c