2枚の平昌五輪代表切符を争うフィギュアスケート全日本選手権、12月21日の女子ショートプログラム(SP)はしびれる戦いとなった。

 ミスが許されないSPでトップ7選手がしのぎを削ったなかで、この日ただひとり、ほぼノーミスの演技を披露した坂本花織が、国際スケート連盟(ISU)が公認する自己ベスト(69.40点)を大幅に上回る73.59点で首位に立った。2位には、冒頭のルッツ+トーループの連続3回転ジャンプで2つのジャンプが回転不足を取られたものの、首位とわずか0.36点差の73.23点をマークした宮原知子がつけた。


全日本選手権の女子ショートプログラムで首位に立った坂本花織

 3回転ルッツでエッジ警告がついたが、大きなミスはなかった本郷理華が70.48点で3位。冒頭の2回転アクセルが、回転が抜けて1回転になるミスにより無得点となった樋口新葉は68.93点の4位にとどまる。

 中盤の3回転ループでステップアウトしてバランスを崩し、手をついた本田真凜は得点が伸びずに66.65点の6位。緊張からか、いつものスピードが出ずに2回転アクセルで転倒した三原舞依が64.27点で7位と沈んだ。白岩優奈もジャンプミスとスピンでレベルの取りこぼしがあって63.33点の8位だった。

 代表選考レースで優位に立っていた宮原が2位、樋口は4位。それに対して今季数多くの試合に出場して力をつけて、2位となったスケートアメリカで自信も増したという坂本がトップに立ったことで、女子の五輪代表争いは、にわかに混戦の様相を呈してきたと言っていいだろう。

 五輪切符を手に入れるためには表彰台に乗ることが必須になるが、宮原と樋口は2位以内であれば確実に代表入りする。一方、坂本や本郷らは優勝するしか道はない。それだけに、SPでの坂本の会心の演技には目を見張るものがあった。

 演技終了直後、右手で力強くガッツポーズを作ってみせた坂本の顔は”どや顔”だった。そのことを報道陣から指摘された17歳は、少し照れながら、「どや顔じゃな〜い」と、笑顔で”完全否定”した。

「最後のスピンでちょっと危なかったんですけど、何とか意地でこらえてやり切ったなあと、終わった直後に思いました。リンクにいるときは緊張しっぱなしで、ほとんど覚えていないんですけど、曲が鳴ってステップですごく落ち着いて、そこでだいぶ普段通りに戻ってきました。今日のSPで一番よかった点は、ずっと平常心でできたことです」

 第4グループの最終滑走者だった坂本。直前には同門の先輩である三原がジャンプで転倒する失敗を出していたが、動揺することはなかった。演技直前には笑みも浮かべて、中野園子コーチに「やっておいで!」と背中を叩かれてリンクに立った。

「フーゥ」と息を吐いてから演技を始めると、動き出しから流れのある滑りを見せて、ほどよい緊張感を漂わせながら、優雅に、そして力強く、坂本らしさ満点の『月光』の舞を見せた。

 ステップはメリハリがあり、ジャンプも高さと幅があり、ダイナミックでキレがあった。基礎点が1.1点となるプログラム後半に、3つのジャンプを組み込む勝負プログラムをしっかりと滑りこなしたのに加え、ジャンプの質も高く、3回転ループでは出来栄え点(GOE)で1.70点がつくなど、技術点ではただひとり40点台の40.93点を叩き出した。

 キスアンドクライで73点台の高得点が出た瞬間、目を見開いて両手を口元に当てて、驚きの笑顔を見せた坂本は、そのときの心境をこう語った。

「いつも通りにできたので、70点弱くらいかなと予想していたら、それをはるかに超えたので、ビックリしかなかったです。SPは、シーズン最初の2試合が本当にボロボロで、以前のショートに変えたいと思うくらい、本当に嫌だったんです。でも、ここまで練習してきて、あらためてよかったなと思います」

 今季の坂本は、他の選手と比べて試合数を多くこなしてきて、この全日本がなんと9試合目だった。体力的にはハードなスケジュールなはずだが、それをものともしない強靱な心身を彼女は兼ね備えている。逆に試合を重ねるごとに成長を遂げてきたのが、今回の結果につながったのに違いない。

 さらにスケートアメリカで自身初となる合計210点台を出し、グランプリシリーズ初表彰台となる2位になったことが大きな自信になった。本人もそのことを十分に理解しており、胸を張るようにこう語った。

「シーズンが始まったときはシニアの実感はなかったんですけど、今季たくさん試合に出て、試合にも慣れたし、自分もシニアなんだと実感してきて、点数もそこそこ出るようになって、自信がついてきました。そしてスケートアメリカで一気に、”いけるんじゃない!?”と思いました」

 過酷なスケジュールの中でも「ノーミス演技ができるように練習をやってきました」と断言できるほど、いまの坂本は揺るぎない自信を持っている。23日のフリーについては、「落ち着いてしっかりノーミスができるように調整して、表彰台を狙っていけたらいいと思います」と、意気込みを語った。

◆五輪をかけた女子7人の激闘。全日本フィギュアはどうなってしまうのか>>

◆鈴木明子が占う平昌五輪の女子2枠争い。選手はムチャクチャ大変です!>>