「ラブとポップ mixed by DJ和」CM ロングver.--広末涼子と聴いてみた30+感想+鼻歌篇--

写真拡大 (全6枚)

女優・広末涼子さんが懐かしい楽曲を聴きながらドライブする、透明感と哀愁にあふれた映像が公開された。

【広末涼子さんと妄想ドライブ 「この曲、懐かしい」なんて言いながらの画像・動画をすべて見る】

ときおり見せる笑顔や鼻歌が印象的な映像は、DJ和さんのCD『ラブとポップ 〜好きだった人を思い出す歌がある〜 mixed by DJ和』(以下、ラブとポップ)のCM。

広末さんが10代の頃に発表した写真集『No Make』の写真も使われており、楽曲同様、それぞれの“あの頃”をフラッシュバックさせる。

広末涼子さんの仕草にときめくのは音楽のせい…?

CMで流れるのは、CHEMISTRYの「PIECES OF A DREAM」や浜崎あゆみさんの「SEASONS」、広末涼子さん自身が出演したドラマの主題歌である花*花『オヤジぃ。』の「さよなら大好きな人」などの楽曲。
「ラブとポップ mixed by DJ和」CM--広末涼子と聴いてみた篇--


広末さんは助手席に座り、景色を眺めたり、流れてくる曲に反応したりと、様々な表情を見せてくれる。

ドライブ日和ないい天気。髪を耳にかけ直す仕草、日差しに照らされる顔、微笑んだときに見え隠れする八重歯、そのどれもが素敵だ。

「広末涼子と聴いてみた篇」以外にも、使用楽曲の異なる30秒バージョン、番外編として「広末涼子と聴いてみた感想」篇、「広末涼子と聴いてみた鼻歌」篇の計4本制作された今回のCM。

TVでは年末年始を中心に全国で放送されるほか、YouTubeでは30秒バージョンに番外編2本を加えたロングバージョンも公開されている。

CDジャケットにも登場した広末涼子さん

広末さんは、『ラブとポップ』のCDジャケットにも登場。青空を背景に、その美しさが際立つデザインだ。

『ラブとポップ』

そんなCDを手がけたDJ和さんは、ソニー・ミュージック初のJ-POP DJプロ第1号。

8月にリリースされた『ラブとポップ』はすでに17万枚を突破。12月18日付オリコンアルバムランキングで18週連続TOP20入りという年内最長記録を樹立した(オリコン調べ oricon.co.jp)。

CM撮影を終えて、広末さんからコメントが届いている。

「ラブとポップ」ロングヒット、本当におめでとうございます!たくさんの方に手に取って聴いていただけて、そのジャケットに私がいるっていうのは本当になんか不思議な感じなんですけど、とっても嬉しく思っています。

CM撮影は本当に車で移動しながらCDを聴かせてもらいながら撮っているような状況だったので、大好きな曲があったり、ちょっと実は知らない曲があったり、物まねしたくなるような曲があったり、懐かしむ曲があったり、セリフも決まっていないですし自由にそのままを撮影してもらっているので、どんなCMになるのかちょっと心配だったりしますが(笑)、完成がとっても楽しみです。でもみんなもきっとこのCDを聴いてこんな顔してるのかなとか、きっと同じようなリアクションに聴いていただいている方もなると思うので、その雰囲気をこの映像から感じてもらえたら嬉しいなと思っています。

個人的にはCrystal Kayちゃんとか林檎ちゃんはカラオケでも歌わせてもらう曲なので入っているのが嬉しいですし、あとは同時に花*花さんや中島美嘉さんなど、当時のドラマだったり映画の主題歌だったりっていうのもとっても懐かしくて、やっぱり時代の思い出として残っている曲がたくさん収録されているなと、全部を聴かせて頂いてあらためて感じました。

自分たちの青春だったり、記憶がよみがえるような、ちょっとキュンとするような素敵なアルバムだと思うので、たくさんの方に聴いて頂けると嬉しいです。「ラブとポップ」これからもよろしくお願いします。 広末涼子さんコメント