灼熱の砂漠に広がる一面の銀世界 『ジオストーム』ディザスターシーンの一部公開

写真拡大

 2018年1月19日公開の映画『ジオストーム』より、本編映像の一部が公開された。

参考:動画はこちらから

 本作は、相次ぐ自然災害から地球を守るために作られた、宇宙ステーションの暴走を止めるべく立ち上がった科学者の姿を描いたディザスターアクション。ウィルス感染によって、様々な超異常気象を作り出した宇宙ステーション。やがてそれらの災害が同時多発で起きてしまう地球壊滅災害“ジオストーム”の発生まで、残された時間がわずかな中、宇宙ステーションの生みの親で天才科学者のジェイクと、その弟で天才政治家のマックスが地球の危機を救おうと奮闘する模様を描く。

 今回公開された映像は、アフガニスタンの砂漠が一瞬にして凍り付くというディザスターシーン。アフガンの砂漠の一角に位置する、ある村の異変を察知した国連の平和維持部隊。兵士たちが恐る恐る村に一歩足を踏み入れると、そこには一面の銀世界が広がっていた。人々が逃げだそうとした形跡がないことから、瞬間的に冷凍されてしまったことが読み取れる映像となっている。

 本作のディザスターシーンのほぼ全てに携わり、ハリウッドの第一線で活躍している視覚効果監修のジェフリー・A・オークンは「ディーン監督は人々が楽しめる作品にする為に、あまり物理に縛られてほしくないと言ったんだ。僕らが作っているのはエンターテイメント大作で、決してドキュメンタリーではないのだからとね。」と本作のこだわりについて明かしている。(リアルサウンド編集部)