カロリーナ・コストナー【写真:Getty Images】

写真拡大

自身4度目の五輪出場へ揺らがない“自分像” 「私は常に自分自身であり続ける」

 女子フィギュアスケートのソチ五輪銅メダリスト、カロリーナ・コストナー(イタリア)は来年2月の平昌五輪で2大会連続の表彰台を目指すなか、「私と私の滑りに対して、大きな愛を示してくれている。愛している」と日本への強い想いを告白した。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

 イタリア国内の女子アスリートでトップクラスの人気を誇るコストナー。2016年に出場停止処分から競技復帰し、自身4度目の五輪出場を目指している。

「より良い状態で臨みたい。滑ることは大好き。今までで一番好きになっているわ。私はこうして困難に耐え、我慢を乗り越え、自分に対してストイックに戦ってきた。それが多くの人に刺激と励みになればいいと思います」

 記事によれば、コストナーはこのようにフィギュアへの愛、そして自分自身の在り方について語ったという。来年2月9日に開幕する平昌五輪前日には31歳の誕生日を迎える。今年のグランプリ(GP)ファイナルを制した15歳の新星アリーナ・ザギトワ(ロシア)ら新世代との年齢差は2倍近くだが、決して自分が揺らぐことはないようだ。

「自分への驚き? それは正確な形容詞ではありませんね。私には常に理想のスケートのビジョンが存在する。少しずつ近づいているの。正確さや完璧さは人間的ではない。私は常に自分自身であり続ける。長所も短所も持ちながら、ね」

30歳となっても止まない成長力「素晴らしいのは、私にまだ向上する力があること」

 身長169センチのサイズを生かしたダイナミズムと豊かな表現力を武器にするコストナー。今年のGPシリーズでもロシア杯、NHK杯でそれぞれ2位となる、GPファイナルでもザギトワ、マリア・ソツコワ(ロシア)、ケイトリン・オズモンド(カナダ)に続き4位に入った。いわゆるベテランの域に入っても、日々成長を実感しているという。

「私は少しずつ成長した。無駄のない綺麗なジャンプ、回転のクオリティー、動き、表現……。素晴らしいのは、私にまだ向上する力があること」

 そんなコストナーには母国イタリア以外にも、“愛する国”があるという。記事では、日本への熱い想いを語っている。

「私へ、そして私の滑りに対して、大きな愛を見せてくれた。私は日本を愛しています。まさに、このスポーツともに生きるという情熱が存在するから。イタリアも(日本のスケート人気まで)そこまで離れていないと思います。それは誇りに感じています」

 男子フィギュアのソチ五輪王者・羽生結弦(ANA)を筆頭に、宇野昌磨(トヨタ自動車)、全日本選手権3連覇中の女王・宮原知子(関大)などタレント揃いの日本は、国内のフィギュア人気が高く、世界的にも熱心なファンの存在は注目を集めている。コストナーを“親日家”にさせるほど、日本のフィギュア熱はイタリアでも話題のようだ。(THE ANSWER編集部)