日本の陸上長距離界をリードしてきた瀬古利彦が「陸王」でドラマ初出演!/(C)TBS

写真拡大

12月24日(日)夜9時から放送される日曜劇場「陸王」(TBS系)の最終回に、元マラソンランナーで現在は横浜DeNAランニングクラブ総監督の瀬古利彦が出演することが分かった。元NHKアナウンサーの堀尾正明、日曜劇場の常連俳優である小須田康人も出演する。

【写真を見る】フリーアナウンサーの堀尾正明は日曜劇場に2度目の出演!/(C)TBS

瀬古、堀尾、小須田が演じるのは、主人公・宮沢紘一(役所広司)の息子・大地(山崎賢人)が就職活動で最終面接を受ける「メトロ電業」の社員。

瀬古はドラマ初出演、堀尾は2017年4月期に放送された日曜劇場「小さな巨人」で弁護士を演じて以来、2回目のドラマ出演となる。

今回、瀬古が俳優デビューを飾るきっかけとなったのは、「ニューイヤー駅伝」(TBS系)で解説者として出演した際に、本作の競技シーンで実況を務めているTBS初田啓介アナウンサーと仕事をしたことからだそう。

2人は「陸王」の放送開始後に会う機会があり、瀬古が「僕も『陸王』に出演してみたいな…」と冗談半分に話したところ、その話が初田アナを通じてプロデューサーの耳に入り、奇跡的にスケジュールが合ってドラマ出演が実現した。

念願がかなった瀬古は、「このドラマを通じて、日本の陸上長距離、そしてマラソンに再度注目が集まることを願ってやみません」と、“陸王効果”への期待を語っている。

■ 瀬古利彦(「メトロ電業」企画部長・桐山役)

ドラマが始まったときから注目し、「機会があればぜひ出演したい!」と思っていました。最終回が近づき諦めかけていたのですが、まさかこのタイミングで実現するとは(笑)! 光栄です!

竹内涼真さんが演じる茂木裕人選手が、まるで自分の現役時代のようだと感情移入して見ていました。このドラマを通じて、日本の陸上長距離、そしてマラソンに再度注目が集まることを願ってやみません。そして元旦には、本物の「ニューイヤー駅伝」もぜひ見てくださいね!

■ 堀尾正明(「メトロ電業」製造部長・南原役)

毎週欠かさず見ていた「陸王」にまさか最終回の5日前にオファーをいただけるとは思いませんでした。飲み友達の瀬古利彦さんとの共演もすごく楽しみです。おやじギャグのシーンは無いかと思いますが…(笑)。「小さな巨人」で演じた悪徳弁護士のようなインパクトのある役を心掛けます!

■ 小須田康人(「メトロ電業」人事部長・川田役)

ある会社の役員の一人を演じるんですけど、僕を含め主な役員3人のうち、他のお二人が全日本的著名人! 「な、な、なんでこのお二人と一緒にオレが…??」と思っているうちに撮影終わってしまいました。どうぞお楽しみに。画面の中で緊張しまくってたらゴメンナサイ。

■ 最終回あらすじ

シルクレイを手に入れるために「こはぜ屋」買収をもくろむ「フェリックス」の御園(松岡修造)だったが、宮沢紘一(役所広司)から業務提携を提案されたことで両者は袂を分かつ。

「こはぜ屋」の窮地は変わらないまま、大地(山崎賢人)や飯山(寺尾聰)たちは、また一からシルクレイの売り込み先を探し、興味を持ってくれそうな企業を駆け回っていた。

一方、「ダイワ食品」陸上部員の茂木裕人(竹内涼真)は、再び「アトランティス」のサポート選手となり“RII”を履くことを決意。念願の豊橋国際マラソンに出場することが決定していた。

そんな茂木に大地とシューフィッターの村野(市川右團次)は、「ずっと茂木選手を応援している証に…」と最後の一足となった“陸王”を渡したいと、「ダイワ食品」陸上部監督の城戸明宏(音尾琢真)に掛け合うが、城戸は茂木を悩ませるだけだと一蹴する。

茂木に自分たちの思いを届けることもできず、“陸王”開発再開のメドも立たず、八方ふさがりの「こはぜ屋」だったが、ある日、御園から宮沢へある提案が投げ掛けられる。果たして「こはぜ屋」に未来はあるのか? 豊橋国際マラソンに出場した茂木の結果は?(ザテレビジョン)