福山雅治が22日に、サブスクリプションサービス(定額制音楽配信)で全楽曲の配信を開始した。「桜坂」などの数々のヒット曲がサブスクでも聴けるようになった。このタイミングでの楽曲配信は、ファンにとって嬉しいクリスマスプレゼントとなりそうだ。また、LINE公式アカウントも同日に開設された。

 「HELLO」や「桜坂」、「家族になろうよ」等々、数々のヒット曲を世に送り出してきた福山雅治のデビューから現在に至るまでの全楽曲が、22日からサブスクリプションサービスで解禁。Apple Music、レコチョクBEST、LINE MUSIC、Spotify、AWA他、主要サブスクリプションサービスで一斉に配信開始。

 自身の母校で子供たちと共に撮影したMVが話題になっている楽曲「トモエ学園」を配信したばかりの福山雅治。「トモエ学園」は発表当初より「泣けた」という声が高かった楽曲。

 発表後には「学校で歌いたい」という要望も多く、そのリクエストに答えるため特設サイトで合唱譜の無料ダウンロードを可能にするなど、最新曲も世代を超える楽曲へと広がりをみせている。

 そんな最新曲からデビュー曲「追憶の雨の中」までの全楽曲を、更に手軽に聴けることとなるこのサブスク全楽曲解禁は、ファンへのクリスマスマスプレゼントと言える。

 そして、福山雅治は、22日からLINE公式アカウントも開設。22日にテレビ朝日系『MUSIC STATION SUPERLIVE 2017』、25日にはTBS系『CDTVスペシャル!クリスマス音楽祭2017』、そして大晦日のNHK『第68回紅白歌合戦』と年末の音楽特番にも出演する。

 なお、年末恒例のライブ・『福山☆冬の大感謝祭』が今年も開催されるほか、来年1月から全国アリーナツアー『WE'RE BROS. TOUR 2018』を開催する。