話のタネは目の前にたくさんある

写真拡大

 年末年始の帰省ラッシュにハマって車が全く動かずにイライラ……。そんな時、いやがおうにも目に入ってくるのが周りの車の「ナンバー」だ。全国各地の地名とひらがな、4桁の数字が記されたプレートは、実は渋滞時の暇つぶしにはもってこいの雑学ネタの宝庫である。

◆競争率90倍の番号

 1999年から始まった希望ナンバー制。人気が高い番号は毎週月曜日に抽選がある。直近の抽選(12月11日)での最高倍率は、当選枠2に180人が申し込んだ名古屋の「8」(普通乗用車)。

◆小型に乗る人は語呂合わせ好き?

 全国自動車標板協議会が発表した人気ランキング(2015年)によると、普通乗用車(3ナンバー車)では1位「1」、2位「8」、3位「3」と一桁ナンバーが上位独占。

 小型乗用車(5ナンバー車)では1位「2525(にこにこ)」、2位「1122(いい夫婦)」と異なる傾向が出ている。

◆人気番号は“枯渇”しないの?

 特定の数字に人気が集中すればやがて“永久欠番”になってしまいそうだが、2017年から地名の右にある3桁の分類番号に、アルファベットを使えるように国交省令が改正された。「品川 3AB」のような表記も可能に。

「今後40年は希望ナンバー制を維持できる見込みです」(国交省自動車局)

※週刊ポスト2018年1月1・5日号