公式練習の冒頭で、トリプルアクセルを決める紀平梨花=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・高部洋祐)

写真拡大

 「フィギュアスケート・全日本選手権」(22日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 女子フリー(23日)を前に公式練習が行われた。ジュニアからの出場で、ショートプログラム(SP)5位の紀平梨花(15)=関大KFSC=は、フリー曲、映画「道」のテーマをかけた練習で、冒頭のトリプルアクセル-3回転トーループに成功。SPでもジュニアで組み込めなかったトリプルアクセルを決めており、フリーと合わせて3本の大技に成功すれば、浅田真央以来となる。

 SPでは最後の3回転ルッツが2回転になり点数がつかなかったが、それでも66・74点の高得点を出した。年齢制限で平昌五輪の出場資格はないが、虎視眈々(たんたん)と上位を狙っている。