アウディのコンパクトスポーツ「TTクーペ」と「TT ロードスター」の改良型プロトタイプの同時スクープに成功しました。

手元に届いたスパイショットを見ると運転席にドライバーの姿が見られず、深夜に行なわれた自律運転のテストかと思われましたが、実はテストドライバーが一瞬車を離れたすきに、シャッターを切っただけのようです。

しかし、自動運転技術でリードするアウディのため、期待を抱かせるスパイショットだったのは間違いないです。

捉えたプロトタイプは、ヘッドライトが現行モデルのままで、目立った変化は、ラリーライトを装着している新メッシュグリル、隠されているエアインテーク、サイドシルなどですが、発表までにヘッドライトやテールライトも新型へ変更される可能性が高いです。

パワートレインはキャリーオーバーされますが、新たにVWグループの1.5リットルTSIエンジンをベースモデルに導入するというニュースが入っています。

またキャビンでは、バーチャルコックピット・デジタルインストルメントクラスターの最新バージョンや新たなトリム、カラーオプションなどを予定し、半自律システムを搭載されるのは確実でしょう。

ワールドプレミアは2018年3月と予想しています。

(APOLLO)

深夜に無人運転のテスト!? アウディ・TT改良型の開発車両を捕捉(http://clicccar.com/2017/12/22/541986/)