エド・シーランの『÷(ディバイド)』、全米セールス100万枚突破

写真拡大

 これまでに2014年の『x(マルティプライ)』が226万枚、2012年の『+(プラス)』が126万枚を全米で売り上げているエド・シーランだが、最新アルバム『÷(ディバイド)』の全米セールスが100万枚を突破したことが明らかになり、エドにとって全米でミリオンを記録した3作目のアルバムとなった。

 ニールセン・ミュージックによると、『÷(ディバイド)』は2017年12月14日で終わる集計週に3.1万枚を売り上げ、トータルで101.3万枚のセールスをマークした。『÷(ディバイド)』は、現時点で171.9万枚を売り上げているテイラー・スウィフトの『レピュテーション』に次ぐ、今年ミリオンを達成した2番目の作品となる。

 今年3月3日にリリースされた『÷(ディバイド)』は、米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で1位を記録、エドにとって2作目の全米No.1となった。アルバムはリリースから現在(12月30日付最新チャート)まで41週間に渡りTOP20圏内にランクインし続けている。また、『÷(ディバイド)』からは「シェイプ・オブ・ユー」(12週1位)と最新シングル「パーフェクト」が米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で首位を獲得しており、先日発表された、2017年の米ビルボード・トップ・アーティストにも輝いた。