楽天リサーチが「今年のクリスマスはだれと過ごす予定か」を聞いた。「1人で過ごす」が20・9%と、5人に1人が「クリぼっち」だった。「クリスマスの予定」も「特にない・いつもと変わらずに過ごす」が最多の42.7%「クリスマスに欲しいプレゼント」も、36.2%が「何もいらない」と答えた。

東京・渋谷で聞いてみても、「ひとりぼっち。何も予定はない」「1人です。悲しい」「夜勤で仕事です」「普通の土日と同じ」という声が多い。

「家で過ごす」が圧倒的多数派

コメンテーターの加藤シゲアキ(「NEWS」)「面倒くさいのではないの。ハロウィーンはまだ新鮮だけど、クリスマスはとくに大切ではない」

では、誰かと過ごす予定の人はだれとなのか。パートナー(配偶者、恋人)が45・5%、子どもが25・5%、家族が10・3%、友人・同僚が2・6%だという。要するに、「クリスマスは家で」という人が圧倒的ということだ。