画像提供:マイナビニュース

写真拡大

GMOインターネットは12月20日、仮想通貨のマイニング事業を開始した。

仮想通貨のマイニング事業を行うためには、高度かつ膨大な計算処理が可能なコンピューターと、その稼働と冷却を行うための安定した電力の確保が必要となるが、同社は、再生可能エネルギーの豊富な北欧にマイニングセンターを設置することで低電力を実現。

また、マイニングを行う高性能なコンピューター(次世代マイニング ボード)については、現在、半導体設計技術を持つパートナー企業とともに、最先端の7nmプロセス技術を活用した半導体チップ(マイニングチップ)の研究開発を進めており、これを用いた次世代マイニングボードによるマイニングの稼働を2018年上半期に開始する予定だ。

今後同社は、一定の稼働を経て、クラウドマイニングや、マイニングチップを搭載した「次世代マイニングボード」の販売などにも取り組んでいくとしている。