アメリカでは老いてからも「性生活」を楽しんでいる(depositphotos.com)

写真拡大

 2007年8月、『The New England Journal of Medicine』に発表された米シカゴ大学の研究結果によると、57歳以上のアメリカの男女は「性生活」を楽しんでいるようだ。「過去1年間に最低1回は性生活を楽しんだことがある」と述べている割合は以下のとおりである。

○57〜64歳:73%
○64〜75歳:53%
○75〜85歳:26%

 生殖器をまったく使わなければ、機能が急速に失われる。しかし、継続して使い続ければ80代になっても十分に機能すると、この調査結果で分析されていた。

 「セックス離れが進んでいる」と指摘されている日本とは大きな違いではないか。日本から遠く離れたイギリスのBBCが、日本の若者のセックス離れをテーマにした「Sexless in Japan」という動画を、2017年7月に公開した。世界的に見て、日本人の<セックス離れ>は珍しい現象なのかもしれない。

 どうして日本ではセックス離れが進むのか? 今回は中高年層に絞って、文化的な側面から考えてみたい。

米国では57〜64歳の男女約7割が<現役>

 医師や看護師で構成される日本性科学会が行った「中高年セクシュアリティ調査」によれば、セックスレスが増えていることがわかる。

 この調査は2011年1月から2012年12月にかけて行われ、調査対象は関東在住の40〜79歳の男女(平均年齢は男性が59.5歳、女性が57.2歳)。有効回答者数は1162人で、配偶者のいる男性が404人で女性が459人、単身の男性が92人で女性が207人だった。

 配偶者のいる男女の挿入を伴う性交渉の頻度については、「この1年間まったくない」と答えたのは、「男性52%」で「女性54%」だった。2000年調査時の「男性25%」「女性23%」から倍増している。

 アメリカでは「57〜64歳の男女の73%」には性交渉があるのに対し、日本はあまりにも割合が低いのではないだろうか。「肥満大国」と呼ばれるアメリカの中高年と比べて、日本人は健康度が高いはず。セックスレスが体の機能面によるものでないとしたら、文化的な要素が関係していると考えられる。

「避妊の手間からの解放」と閉経をポジティブにとらえる

 日本の女性たちは、「月経」「閉経」といった女性特有の生理現象に対して、マイナスイメージを抱いていないだろうか。月経は面倒くさいものであり、閉経に対しては「女じゃなくなる」とネガティブにとらえている意見もネット上では散見する。

 こうしたマイナスイメージは、日本だけのようだ。津田塾大学の三砂ちづる教授の著書『オニババ化する女たち』(光文社新書)によれば、ブラジルアマゾンに住む先住民族は、女性は閉経すると「これでもう妊娠しないから、気にせず性生活を楽しめる」と喜ぶそうだ。

 同じ傾向が欧米人にも見られ、「避妊の手間からの解放」「もっと自由に性生活を楽しめる」とポジティブにとらえると世界的な栄養のコンサルタント、エリカ・アンギャルさんもインタビューで語っている(https://joshi-spa.jp/785741)。

 こうした性文化の違いが、性生活にも反映されているのだろう。

 加えて、日本には「女性が性欲を持つのは恥ずかしいことだ」という偏見もある。 性欲は、睡眠欲と食欲とともに人間の3大欲求とされているが、女性は性欲を肯定しにくかったことから、性生活を楽しめないのかもしれない。

 「高齢になれば性欲が減退することが、自然の流れである」といった見方はあるものの、人生100年時代が来つつある中で、女性が閉経を迎える45〜55歳で性生活をストップさせるのは寂しいことではないだろうか。

 これまで当サイトで紹介した骨盤底筋トレーニング(「膣のゆるみ=老化のせい? 「骨盤底筋」を鍛えると<膣が若返る>」)は、性機能アップだけでなく尿失禁や骨盤臓器脱を防ぐ効果もある。

 「オンナ」であり続けようと心がけることが、健康維持にも役立つ。だから日本人の女性たちも「年齢を重ねても女として楽しめるし、閉経すればもっと性生活が自由になる」と意識を変えるのはどうだろうか。
(文=編集部)