1966年生まれの実力派音楽集団のROOTS66が22日に放送される、NHK BSの音楽番組『The Covers』に初登場。スガ シカオやトータス松本、大槻ケンヂなど総勢16人の豪華アーティストたちが、愛しのカバー曲と爆笑トークを届ける。メンバーそれぞれの思い入れのある曲やアーティストの話で盛り上がり、MCのリリー・フランキーから「オジさんを通り越してオバさんの会」と称される程の盛り上がりを見せる。

 トークには、ボーカリス7人(大槻ケンヂ、増子直純、田島貴男、スガ シカオ、伊藤 ふみお、八熊慎一、トータス松本)が参加。MCのリリー・フランキーからは、にぎやかすぎるトークに「50歳を越えると、オジさんを通り越してオバさんの会になる」と言われたほどに大盛り上がりの末、2時間15分というロングトークになった。

 1966年生まれ・ROOTS66のメンバーでもあり、番組に縁深い斉藤和義からのメッセージも届く。斉藤お決まりの下ネタを含むマイペースな語りっぷりに、メンバーから総ツッコミが。大槻ケンヂと斉藤和義の意外な関係性も明かされる。

MCのリリー・フランキーと仲里依紗、ROOTS66のボーカリストたち

 今年没後10年を迎え、ROOTS66のメンバーもリスペクトする阿久悠さん。彼らとともに、番組で披露された「阿久悠 名カバー集」を振り返る。1966年生まれの仲間でもある、斉藤和義「ダーリング(沢田研二)」や吉井和哉の「ウォンテッド(ピンク・レディー)」、エレファントカシマシ「サムライ(沢田研二)」に、懐かしさ極まって大騒ぎ。

 さらに、彼らより若い世代がカバーした、UA「モンスター(ピンク・レディー)」、9mm Parabellum Bullet「どうにもとまらない(山本リンダ)」は、世代ならではのカバー解釈の違いと、オシャレさに驚愕するーンも。

 『ベストテン』などの音楽番組黄金期に、テレビを見て育った彼ら。そんなメンバーが「好きだった女性アイドル」を熱く語る。メンバーの中で3人が同じアイドルを好きだったり、実は大好きだった女性アイドルが近所に住んでいた話、など尽きることのい爆笑トークのオンパレード。NHKアーカイブによる、貴重なアイドルVTR集を、ROOTS66メンバーとともに楽しむ。

 オープニングを飾るのは、メンバー総出演による沢田研二の「勝手にしやがれ」。ジュリーが大好きだったというメンバーが迫力の大熱唱を繰り広げる。

 トータス松本と田島貴男、増子直純の濃厚な面々が、小学校の小学校の時からそのボーカルパフォマンスに魅了されていたという、世良公則「銃爪」を熱唱する。歌のラストでは、彼らならではのミニコントも。リリーいわく「堺正章さんと井上順さんを彷彿とさせた」というパフォーマンスを披露。

 スガシカオ、大槻ケンヂ、伊藤ふみお、八熊慎一がリハーサルを重ね、進化した、ROOTS66流「トランジスタ・ラジオ」に初挑戦。高校時代、みんなが憧れたという忌野清志郎さんにまつわるトークでも、それぞの思い出が炸裂し大盛り上がりを見せる。

 さらに、彼らが手けた、最新曲「レッツゴー!ムッツゴー!〜6色の虹〜」も。名曲誕生秘話は、爆笑の連続。テレビ初披露となる、パフォーマンスも見どころ。【松尾模糊】

番組情報

『The Covers』
NHK BSプレミアム
MC:リリー・フランキー/仲 里依紗
放送予定:12月22日 夜10時00分〜夜10時59分
Covers ゲスト ROOTS66
【ボーカル】
大槻ケンヂ(筋肉少女帯・特撮 )、増子直純(怒髪天)、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、スガ シカオ、伊藤ふみお(KEMURI)、八熊慎一(SPARKS GO SPARKS GO SPARKS GO)、トータス松本(ウルフルズ)
【バンド】
Dr 阿部耕作(チリヌルヲワカ)、Dr たちばな哲也(SPARKS GO)、Key 奥野真哉(SOUL FLOWER UNION)、Gt 友森昭一、Gt 木暮晋也(HICKSVILLE)、Ba tatsu(レピッシュ)、Sax 田中邦和(sembel lo)、Tp 田中 和(勝手にしやがれ)、Tb 福島 忍(勝手にしやがれ)