ロイヤルズのドリュー・ブテラ【写真:Getty Images】

写真拡大

「スポーツ界の名珍場面総集編」…6月のMLB始球式前に飛び出した魔球ライズボール

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は6月に米女子ソフトボール選手が現役MLB捕手をのけぞらせた「シャレにならない魔球」。衝撃の変化を見せた投球を米メディアが動画付きで紹介し、映像を見た世界のファンから「信じられない」「印象的かつ衝撃的だ」と感嘆の声が挙がった。

 衝撃の魔球を投じたのは、オクラホマ大のソフトボール部でエースとして君臨するペイジ・パーカーさんだ。6月20日のMLBカンザスシティ・ロイヤルズとボストン・レッドソックス戦前だった。

 カンザスシティのインディペンデンス出身のパーカーさんは、この試合の始球式に登場したが、事前練習を行ったスタジアム内のブルペンで、まさかの出来事が起こった。

 左利きのパーカーさんは、ロイヤルズのドリュー・ブテラ捕手に向かって練習投球。「行くわよ」とソフトボールと同様に下手投げで放たれたボールは、ホームベース手前で急激に上昇。ソフトボール特有で、“魔球”とも呼ばれる「ライズボール」は、普段、MLB投手の160キロ近いボールを受けているブテラもでもキャッチできなかった。

 あまりの変化にボールを取りそこない、後方にひっくり返りそうになったブテラ。それを見守っていたチームメイトたちも騒然とした。その後、ブテラは恥ずかしさを隠すように、笑いながらビデオを消すよう指示して練習は再開。2球目はやや引け腰になりながらも、プロの意地を見せて何とか捕球したが、見慣れないライズボールの衝撃にギャラリーからは「なんてことだ!」という声が飛んだ。

のけぞったブテラも称賛ツイート「素晴らしい体験だった。彼女は最高だ!!!」

 カンザスの地元紙「ザ・カンザスシティ・スター」は、「ロイヤルズのブテラ捕手がオクラホマのエース、パーカーの捕球を試みる」と特集。大学3年生のパーカーさんについて、「懐疑的な目を向ける観衆を魅了した」と言及するとともに、「夢のようでした。選手たちに会えるなんて、子供の頃の夢が叶ったようです」というパーカーさんの感激のコメントを報じている。

 魔球の受け手として注目を集めたブテラも、自身のツイッターで動画を引用する形で「素晴らしい体験だった。彼女は最高だ!!! ライズボールはシャレにならない!!!」と投稿。 瞬く間にファンの間にも反響は広がり、SNS上では様々なコメントが飛び交った。

「信じられない」
「彼女の球を捕るのは至難の業だ」
「12回は見た。このインパクトは色あせない」
「レッドソックスが彼女を契約することを望む」
「彼女はまだフルスピードで投げていない」
「印象的かつ衝撃的だ」

 日本では、2000年シドニー五輪の銀メダル獲得に貢献した高山樹里さんがライズボールの使い手として知られ、「女大魔神」の異名を取ったが、“米国の女大魔神”も驚異的だ。世界がうなった“衝撃映像”で、一躍時の人となったパーカーさん。ソフトボールは2020年東京五輪で08年北京五輪以来の種目復活が決まっており、もしかしたら米国代表として日本の前に立ちはだかる日が訪れるかもしれない。(THE ANSWER編集部)