久保裕也が先発出場のヘントが後半ATの土壇場弾で2位シャルルロワを下し7戦無敗《ジュピラー・プロ・リーグ》

写真拡大

▽22日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第20節のヘントvsシャルルロワが行われ、1-0でヘントが勝利した。日本代表FW久保裕也は先発出場し、84分までプレーした。

▽2位のシャルルロワをホームに迎えたヘントは、立ち上がりから積極的に攻め込む。立ち上がり3分、右サイドで得たFKからゴール前にクロスが送られると、こぼれ球をクロス。ボックス内中央でミトロビッチがヘッドで合わせるも、クロスバーを越えていく。

▽12分にはサイドチェンジからの展開。左サイドから切れ込んだサイモンがボックス外からミドルシュートもGKがセーブする。21分には、浮き球のパスに反応した久保がダイアゴナルな動きからトラップし、ボックス内右からシュート。しかし、これはGKがセーブする。

▽シャルルロワは39分、左サイドでボールを奪うと、グラウンダーのクロスに22が飛び込むもわずかに合わず。そのままゴールレスで前半を終える。

▽後半に入っても主導権はヘント。48分には浮き球のパスに久保がヘッドで合わせに行くも、GKがセーブする。68分にはスルーパスに反応した久保がボックス内右から積極的に狙うも、わずかに枠を捉えられず。74分にはボックス外から左足でミドルシュートを放つも、枠を捉えられない。

▽久保は84分にミリチェビッチと交代しピッチを後に。その後もゴールが生まれず、90分が終了。アディショナルタイムは7分あったが、最後にドラマが待っていた。右コーナーフラッグ付近で得たFKからミリチェビッチがクロス。これを、ボックス中央でヤレムチュクがヘッドで合わせると、ゴール左隅に決まり、ヘントが土壇場で先制。そのまま試合は終わり、7戦無敗で4位に浮上した。

ヘント 1-0 シャルルロワ

【ヘント】

ヤレムチュク(後45+7)