公式練習で調整する宇野昌磨=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・高部洋祐)

写真拡大

 「フィギュアスケート・全日本選手権」(22日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 男子ショートプログラム(SP)を前に公式練習が行われた。2連覇を目指す宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=は曲をかけての練習で4回転フリップを着氷するなど、仕上がりのよさを見せた。

 また、田中刑事(23)=倉敷芸術科学大学大学院、無良崇人(26)=洋菓子のヒロタ=らも4回転などを最終確認。平昌五輪代表男子3枠は今大会を欠場している羽生結弦(ANA)と宇野は代表入りが確実で、実質的に残る1枠をかけた争いとなる。