金髪の吉沢亮を見つめる桜井日奈子の姿も 『ママレード・ボーイ』新ビジュアル&オフショット

写真拡大

 2018年4月27日公開の映画『ママレード・ボーイ』より、桜井日奈子と吉沢亮の2ショットビジュアルとオフショットが公開された。

参考:実話に鮮明さを与える土屋太鳳の“笑顔”の効能ーー『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の演技に寄せて

 本作は、集英社の月刊少女マンガ誌『りぼん』で連載された、シリーズ累計発行部数1,000万部を超える同名コミックを実写映画化したもの。突然ひとつ屋根の下で暮らすことになった同い年の高校生・小石川光希と松浦遊が織りなす恋の模様を描く。素直で元気な女の子の光希を桜井日奈子が、頭脳明晰・スポーツ万能と王子様を絵に描いたような遊を吉沢亮が演じる。

 大人気漫画のタイトルを背負うこととなった主演の桜井と吉沢は大きなプレッシャーの中でも「すごく楽しいです!」と口をそろえ、フレッシュなキャスト陣と、和気あいあいとしながらも切磋琢磨している様子。さらに桜井は「光希のキャラクターにすごく共感しました!」と語り、吉沢は「女子ってどういうことにキュンとするのかな……と真剣に考えたりしています」と役作りについてコメントを寄せた。

 制作発表&キャスト解禁時に、「実写化は憧れだったので、お話を頂いてとても嬉しかったです。フレッシュで可愛い桜井さん、誰もが認める超美形の吉沢さんが、廣木監督の美しい映像の中で、光希と遊としてスクリーンで輝く姿を見るのが本当に楽しみです!」とコメントを寄せていた原作者・吉住渉は撮影現場を見学し、「桜井さんの光希ちゃんは可愛いしか出てこないし、吉沢さんの遊くんはカッコ良すぎて直視できない。益々、映画が楽しみになりました。」と大絶賛した。

 2ショットビジュアルには、金髪姿の吉沢と、彼に寄り添う桜井の姿を収録。ともに公開されたオフショットは、地方ロケを行った際に撮影されたもの。クランクアップは年明け1月上旬を予定している。(リアルサウンド編集部)