内山理名主演ドラマ「マチ工場のオンナ」の和気あいあい現場を取材/(c)NHK

写真拡大

内山理名が主演するドラマ「マチ工場のオンナ」(NHK総合)で、出演する柳沢慎吾のアドリブ炸裂!誕生日パーティーにキレッキレダンスを披露するシーンショットが到着した。演出の小野見知さんによると、ほかにも柳沢のアイディアが詰まったシーンがあるとか…。和気あいあいの「マチ工場のオンナ」の現場を取材した。

【写真を見る】柳沢慎吾がアドリブでキレッキレダンス!/(c)NHK

■ 実話がモデル 素人女性社長の奮闘記

ドラマ「マチ工場のオンナ」は、自身も町工場を経営する諏訪貴子さんの体験を綴った著書「町工場の娘」が原作。父親の急逝をきっかけに突然社長を引き継ぐことになった諏訪さん自身がモデルとなっている。

32歳、専業主婦として夫・息子と暮らしていた有元光(内山)はある日、町工場「ダリア精機」を経営する父・泰造(舘ひろし)が病で余命数日であることを知る。

工場を守ると約束して泰造を看取った光だったが、経営経験はゼロ。頼るつもりだった夫・大(永井大)は単身赴任で渡米してしまい、工場の幹部社員・勝俣(竹中直人)や純三(柳沢慎吾)らは光の方針に猛反発、取引先の銀行からも軽くあしらわれ…と、数々の試練に見舞われる。だが、光は主婦として培った行動力を武器に困難に立ち向かい、徐々に周囲の理解を得ていく――そんな過程が描かれてきた。

■ 社員旅行の“持ち物”にも注目!

22日放送の5話からは、光が社長になって3年後のダリア精機が舞台。会社は順調で勝俣や純三たちベテラン職人と若手の間にも連帯感が生まれた。

そんなシーンの撮影現場では、ムードメーカー・柳沢がアドリブを連発! 純三の誕生日を祝うシーンでは、手拍子だけの予定が突如、柳沢のキレッキレダンスが披露され、共演者も大盛り上がり! 演技とは思えない臨場感のあるシーンが完成した。

演出の小野さんは「柳沢さん演じる純三のアドリブは、今回も盛りだくさん! 誕生日会や社員旅行などなど、様々な場面でアイディアを出してくださり、ほっこりするシーンがたくさん生まれました。実は、純三の旅行の持ち物にも、柳沢さんのアイディアが詰まっています」と明かす。

■ 厳しい女性の社会進出…「ナマの声もリサーチ」

そんな5話では、光の夫・大がついにアメリカから帰ってくるという新展開も。

その頃、光は新しい機械の購入を決意、銀行員の長谷川(村上淳)に4千万円の借り入れを相談していた。その申し出を初めは断った長谷川だったが、経理の打越(忍成修吾)からダリア精機の可能性を知らされ、光の相談にのるようになる。それが周囲の誤解を生むことになり…という展開。

小野さんは「以前とは違う様子の光に、大は違和感を募らせます。次第にすれちがう光と大。そしてついに…。 ふたりの気持ちがぶつかるシーンは必見です! そんな光を、周囲はどんなふうに支えるのか、このドラマらしい展開が待っています」と見どころをアピールする。

ドラマの根底には、男性社会での女性に対する風当たりの厳しさが見え隠れする。小野さんは「男性だらけの中、女性で、しかも若く、実績のない光。機械を買おうにもお金を借りようにも、信用を得るのは簡単なことではありません。『女の子はいいよね』と言われようが何をされようが、弱音なんて吐けない。ひとりで背負うしかない。そんな光の姿は、諏訪さんの実体験を元に、脚本の大島里美さんと周囲の女性のナマの声もリサーチして描きました」と話す。

3年間“町工場の社長”として男性だらけの社会でがむしゃらに戦ってきた光。大が帰ってきたことで、夫婦のすれ違いの先にはどんな未来が待っているのか――。

ちなみにこの5話から、エンディング映像も新規カットを織り交ぜたバージョンに。「マチ工場のオンナ」はこの5話を含め、残すところあと2回。社長として成長した光の描く未来とは。(ザテレビジョン)