エクストレイル 20Xi 4WD(画像: 日産自動車の発表資料より)

写真拡大

 日産の人気SUVに特別仕様車が登場した。オーテックジャパンは日産のSUV「エクストレイル」のカスタムカー「モード・プレミア」に特別仕様車モードプレミアi、モードプレミアハイブリッド、モードプレミアiハイブリッドを、「エクストリーマーX」に20XエクストリーマーX、20XiエクストリーマーX、20X ハイブリッドエクストリーマーX、20Xi エクストリーマーXを、それぞれ設定して発売した。

【こちらも】日産、ミッドサイズの新型SUV「インフィニティQX50」を発表

 2000年に日産から発売されたクロスオーバーSUV「エクストレイル」は、現在3代目に。「エクストレイル モードプレミア」は、エクストレイルを力強く、高級感のあるモデルに仕上げたカスタムカー。もうひとつの「エクストレイル エクストリーマーX」はエクストレイルのSUVらしさは全開に、ワイルドで力強いモデルとなっている。

 今回「エクストレイル モードプレミア」と「エクストレイル エクストリーマーX」に、先行車を検出して車速に応じた車間距離を保つ「プロパイロット」や、レーンマーカーに近づくとブレーキで制御し車線内に戻す「インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)」、バックする際に車と衝突しそうになると警報で注意を促す「RCTA(後退時車両検知警報)」など安全運転支援システムを標準装備。これに加え、「エクストレイル モードプレミア」には「LEDヘッドライト」と「インテリジェント オートライトシステム」を標準装備。利便性が抜群によくなった。

 そして20Xi、20Xiハイブリッドには助手席が車両の外側に電動で回転・昇降して乗り降りが楽に出来る「助手席スライドアップシート」を設定。高齢者や体の不自由な人でも安心してエクストレイルに乗ることが出来る嬉しい機能だ。優雅でカッコいい車でありながらも安心・安全の技術がしっかりと詰め込まれたエクストレイル。今後の活躍に

期待だ。