バレーボールの北京五輪代表・山本隆弘氏【写真:編集部】

写真拡大

バレーボール北京五輪代表の名アタッカーが報徳学園高で知られざる半生を講演

 バレーボールの北京五輪代表・山本隆弘氏が21日、兵庫・西宮市内の報徳学園高を訪問し、400人の生徒を相手に講演を行った。希代の名アタッカーは廃部寸前の中学バレー部からスタートしたバレー人生で一度は挫折し、トラック運転手を経験しながら、日本代表に上り詰めた半生を披露。バレー部に直接指導も行い、日の丸戦士の経験と哲学を伝授した。

 高校生たちが一斉に首を傾け、目を見開いた。スーツ姿で登場した山本氏の大きさに会場はどよめいた。登壇した39歳は「大きくてビックリしたでしょ? 現役時代は200センチ。引退して4年たつけど、まだ成長している。今は202.4センチです」といきなりの仰天告白。「東京五輪までに250センチになっていたら、代表に挑戦しようと思っています」とジョークで笑いを取った。

 この日は大塚製薬が企画し、テニス、サッカー、バスケットボール、バレーボール、柔道、バドミントンを通じて、全国170校の部活生を応援する「ポカリスエット エールキャラバン」の一環として訪問。「世界が認めたニッポンの大砲」のキャッチフレーズで、日本代表のエースとして活躍した輝かしいイメージが強いが、講演で明かしたバレー人生は、実は波乱万丈だった。

 バレーとの出会いは中1秋だった。活発なスポーツ男子だった隆弘少年。しかし、小学校時代にやった野球は投手で初めて出場した試合で全くストライクが入らずに挫折し、もう一つのサッカーは入学した鳥取東中がJリーグ開幕のサッカー人気で部員200人の多さで体験入部でボールすら触らせてもらえずに断念。足の速さを見込まれ、入部した陸上部も身が入らず、半年で退部した。

 校則で部活に所属しなければならず、どうしようかと思っていた矢先、クラスメートに声をかけられた。「バレーボールに入ってもらえない?」。理由は明確だった。3年生8人が引退し、残ったのは1年生1人のみ。このままでは廃部になる。「名前だけでいいから……」。その言葉に押され、幽霊部員になるつもりで「バレーボール部・山本隆弘」が生まれた。

「0-15、0-15。0-15、0-15」で敗れた初試合「でも、それが楽しいと思ったんです」

 せっかく入ったのだからと、2年春になって練習してみることにした。とはいっても顧問は未経験の英語教師。体育館はバスケ部と女子バレー部に占領されており、練習スペースがない。見つけたのはステージ上。2人の素人が女子バレー部の練習の見よう見まねでやってみた。しかし、「かっこいいな」と思って挑戦した初めてのフライングレシーブで顎を打ち、4針縫う怪我を負った。

 そんな「壇上の男子バレー部」のスタートだったが、新入部員が加わり、8人になった。秋に出場することになった新人戦。2試合戦ったが、惨敗した。しかも、刻まれたスコアは「0-15、0-15。0-15、0-15」。1点も取れずに敗れた。「今まで野球やサッカーを諦めてきた自分なら、ここで辞めておかしくなかった」。ところが、中学2年生の心に宿ったのは、別の感情だった。

「でも、試合で初めてコートに立つことができた。そこでみんなで一つのボールを追いかけた。それが楽しいと思ったんです」

 これが、バレーへの情熱の芽生えだった。最初に立てた目標は、練習場所の確保。「3年秋までに女子バレー部に勝って練習場所を取ろう」。プライドも捨てた男子バレー部は一致団結。猛練習に励み、練習場所をかけた勝負で女子バレー部に勝ち、悲願を成就。知らず知らずのうちに着実に力をつけ、市大会3位で地区大会に出場。目標のために努力し、達成することの楽しさを知った。

 すると、一つの転機が訪れた。入学当初、158センチだった身長は卒業する頃には、なんと34センチも伸びて192センチに。3年間、実に1か月に1センチ近いペースで成長。しかも、貴重なサウスポー。未完の大器に目をつけた県内屈指の強豪・鳥取商から声がかかった。基礎もなってない状態だったが、将来性を感じた監督は1年からレギュラーに抜擢。ここで、一気に才能が開花した。

 インターハイに3年連続出場し、花の春高バレーも経験。U-18日本代表、全日本ジュニアを経験するなど、世代屈指の選手となった。「バレー選手になって、将来は五輪に出たい」。そんな大志を抱き、入学した大学で一度、バレーを辞めた。

大学2年で味わった初めての挫折…コートを離れ、トラック運転手になった過去

 入学したのは、全国屈指の強豪・日体大。「自分の心が弱かった。練習が厳しくて、バレーをもう辞めようと思った」。大学2年で人生で初めて味わった挫折。コートを離れ、地元・鳥取に帰った。始めたのは運送のアルバイト。鳥取で荷物を積み、京都までトラックを運転し、届ける。一人の空間で運転も好き。バレーを忘れ、ハンドルを握る毎日を送っていた。

 そんな日々が半年ほど続いた頃、いつものように京都に向かう車中。ふと、思った。「このままの毎日で5年、10年先、どうなっているのか」。見えたのは「今と変わらないような毎日」だった。「じゃあ、バレーをやっていた時はどうだったかと考えた。五輪に行きたいという目標があったじゃないか」。胸の奥底から、かつて燃えていた情熱がふつふつとたぎってきた。

「人生一度きり。後悔だけはしたくなかった」。頭を丸めて帰京し、コートに戻った。一度は逃げ出した人間。最初は全く相手にされず、プレーさせてもらった。それでも、ボール磨き、コート拭き……下級生がやるべきこともこなし、ようやく認められ、コートに立つことができた。

 そこからの人生も激動だった。実業団のパナソニックに入社後に肩を故障し、選手生命の危機を迎えた。医者に「あなたの肩はスパイク2本が限界」と言われながら、リハビリを乗り越えると、両親、チームの反対を押し切り、日本人初のプロ選手という道を選んだ。その先に03年のワールドカップで日本人初の得点王&MVP、08年北京五輪出場という輝かしい未来が待っていた。

「私の座右の銘に『志あるところに道ありき』という言葉がある。肩は確かに爆弾を抱えていた。でも、とことん追い込んだ方がバレーと向き合えると思ってプロを選んだ。『成功しなかったらどうする』『現役を終えた後は何するんだ』と反対された。ただ、社員として残ったら、バレーができなくても残れるという甘えが出て逃げてしまう。その時点で自分はおしまいだし、オリンピックという夢は叶わなくなっていた。心に秘めた志をしっかりと持って、諦めずに進んでいけば、夢に必ず辿り着ける。だから、自分にとって、この座右の銘は現役時代も、そして今も、とても大切にしている言葉です」

 生徒たちは深くうなずき、大きな拍手とともに1時間の講演は幕を閉じた。

バレーボール部に熱血指導…世界を驚かせた強烈なスパイクも披露

 その後、舞台を体育館に移し、ジャージ姿に着替えて行ったのは、バレーボール部の直接指導だ。

 トスの姿勢、ブロックの入り方の基礎から始まり、ゲーム形式の実戦練習まで約2時間にわたり、日の丸戦士の経験、哲学を惜しげもなく伝授。かつて世界を驚かせた強烈なスパイクも披露してみせた。そして、練習の締めくくりには選手たちに向け、さまざまなアドバイスを語りかけた。

「バレーボールは一人じゃできないスポーツ。自分が調子が悪かった時はどうする? そういう時こそ、いつも以上に声を出すこと。周りを盛り立てること。周りが乗ると、周りが自分を盛り立ててくれるから。だから、声を出すことが大事になるんだよ」

 チームスポーツにおける精神を説き、最後は全員で記念撮影。日本バレー界を代表する名アタッカーと過ごした一日は、未来ある高校生たちにとって、かけがえのない財産となった。(THE ANSWER編集部)