ホンダ、軽乗用車「N-ONE」をマイナーチェンジ 内外装のテーマや装備が異なる4つのスタイルを設定

【ギャラリー】Honda N-ONE35


ホンダは軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」のマイナーチェンジを発表。本日12月22日より販売開始となる。

今回のマイナーチェンジでは、「Standard」「Select」「Premium」「RS」という4つの世界観を、豊富なカラーバリエーションと合わせて表現。また、軽自動車初となる「遮音機能付フロントウインドウガラス」の採用や、遮音材や吸音材の最適配置により静粛性が向上したという。さらに全ての窓で紫外線(UV)を約99%と赤外線(IR)をしっかりカットする「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」が採用された。室内には新たに急速充電対応タイプの充電用USBジャック2個が追加されている。
4つのスタイルは以下の通り。

<Standard>
シンプルながら機能的。インテリアは見やすさと使いやすさにこだわり、すっきりと端正に仕上げた。必要なものを厳選して装備した「Standard」のほか、「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」やHIDヘッドライト等を装備し、ホワイト・ルーフの2トーンも選べる「Standard・L」、そしてそれぞれに立体駐車場に対応した低全高モデル「LOWDOWN」の設定がある。さらにパワフルなターボ・エンジンを搭載した「Standard Tourer」も用意されている。


<Select>
こだわりを感じさせる上品な佇まい。ブラウンとクロームメッキで仕上げたエクステリアと、ブラウンに統一したインテリアは、上品さとぬくもりを表現。全てのボディ・カラーでルーフはブラウンの2トーンになる。自然吸気エンジンの「Select」とターボ仕様の「Select Tourer」を設定。


<Premium>
洗練された上質さと重厚感を表現。随所にあしらった加飾と黒に統一されたインテリアで上質に仕上げた。2トーンも選べるがルーフはシルバーまたはブラックとなる。「Standard・L」の装備に加え、14インチ・アルミホイールやクルーズコントロール、LEDフォグライト等が追加されている。ターボ仕様の「Premium Tourer」も選べる。


<RS>
精悍かつスポーティー。走りのポテンシャルを感じさせる流麗なフォルムに、アクセントとして赤を取り入れたスポーティーなインテリアで、操る喜びを表現。前輪駆動のターボ・エンジンのみの設定で、ルーフはブラックまたはレッドの2トーンとなる。


価格はStandardの前輪駆動なら120万960円から、Premium Tourer4輪駆動の177万2,280円まで。カラーによっては追加料金が必要。

ホンダ 公式サイト:NO-ONE
http://www.honda.co.jp/N-ONE/

【ギャラリー】Honda N-ONE35