918万台の生産を見込む

写真拡大

 トヨタ自動車は2019年の世界生産台数(ダイハツ工業、日野自動車を除く)を、18年計画比33万台増の918万台に設定した。主要部品メーカーに伝えた。国内は同25万台増の333万台に、海外は同8万台増の585万台にそれぞれ増える見込みで、過去最高を更新する。

 トヨタは20日に発表した18年分とは別に、主要部品メーカーに19年の単体の生産・販売計画を通達した。国内は小型車「カローラ」や国内再投入も予定するスポーツ多目的車「RAV4」が全面改良を控え生産増に寄与。

 海外生産で増加するのは中国が同1万台増の122万台、アジア・中近東がインドでの伸びなどを見込み同7万台増の137万台、中南米が同3万台増の37万台。主力の北米は微減となる同3万台減の191万台とし米トランプ政権の政策動向を意識した。

 19年の世界販売台数も同9万台増の959万台に設定し、過去最高を更新する計画とした。内訳は国内が同8万台減の147万台の見通しだが、海外が同17万台増の812万台に増えて国内減少分を補う。北米で同6万台増の286万台、欧州で同6万台増の105万台などを計画する。