独島で撮影した今年の元日の日の出(慶北地方警察庁提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【大田聯合ニュース】韓国天文研究院は22日、主要地域の大みそかの日の入りと元日の日の出時刻を発表した。

 2018年の初日の出は午前7時26分に独島で最も早く観測できる。内陸では午前7時31分に南東部・蔚山の艮絶串と方魚津で見られる見通しだ。

 主要都市では釜山が午前7時32分、ソウルが午前7時47分などと予測されている。