画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Microsoftは2017年12月19日(米国時間)、「Announcing Windows 10 Insider Preview Build 17063 for PC - Windows Experience BlogWindows Experience Blog」において、Windows 10のインサイダープレビュー版である「Windows 10 Insider Preview Build 17063」に「Timeline(タイムライン)」と呼ばれる新機能を導入したと伝えた。次のWindows 10アップグレードにおいて特徴的な機能になるものと見られる。

「Timeline」はアプリケーションやコンテンツなど、過去に利用したアプリやコンテンツにアクセスするための機能。Timelineを起動すると、最近利用したアプリやコンテンツの一覧を表示させることが可能。

Timelineは右端が時間軸のスクロールバーになっており、この部分を操作することでより過去のアクティビティへ遡っていくことができる。

それでも目的とするアクティビティが発見できなかった場合、検索フィールドからキーワード検索をすることもできる。

アクティビティはWindows 10がインストールされているPCのみならず、同じアカウントで使っている他のWindows PCや、iOS/Androidを搭載しているデバイスでのアクティビティも共有される。設定からどのアクティビティを共有するかを設定できる。

本稿執筆時点では、MicrosoftアプリケーションがTimelineとの連動を実装している。この機能がユーザーの人気を得た場合、ほかの主要アプリケーションも順次Timelineに対応していくものと見られる。