世界中で40店舗を展開するハンバーガーチェーンCaliburgerは、米カリフォルニア州にあるショップで、顔認識を用いた注文システムを試験的に導入しました。

顔認識システムで誰もが常連客に?

ハンバーガーチェーンのCaliburgerは19日、NECの人工知能技術を用いたセルフオーダーシステムを公開しました。
 

 
注文システムは、一度アカウントを作成すると、顧客の顔の情報と結びつけて過去のオーダーを記憶してくれます。店舗を次に訪れたとき、システムのカメラで顔をスキャンするだけで過去に注文したメニューを見ることができるため、メニューを選ぶ時間の節約になります。
 
顔認識を試用したセルフオーダーシステムが利用できるのは現在米カリフォルニア州のパサデナ店だけですが、Caliburgerは来年すべての店舗で同システムの導入を計画しているとのことです。
 
Caliグループの最高経営責任者(CEO)のジョン・ミラー氏は、「2018年の目標は、クレジットカード決済を、顔認証支払いで置き換えることだ」とコメントしています。
 
Caliburgerは、バーガーをひっくり返してくれるロボットを導入するなど、先端技術をいち早く取り入れることで知られています。
 
 
Source:Business Insider
(lexi)