1カ月間で、少なくとも9000人のロヒンギャがミャンマー西部ラカイン州で死亡、うち71.7%は暴力に起因するものであった――国境なき医師団(MSF)が12月14日に発表。(写真は、バングラデシュ・クトゥパロンのMSF診療所を受診するロヒンギャの女児、提供:MSF(C)Paula Bronstein/Getty Images)サーチナ

ロヒンギャ迫害問題 米政府がミャンマー軍幹部を制裁対象に指定

提供社の都合により、削除されました。

関連ニュース

ランキング