坂上忍がMCを務める「バイキング」が5時間のゴールデン番組として放送!

写真拡大

12月29日(金)に坂上忍がMCを務める「バイキング・ザ・ゴールデン」(夜6:00-10:52フジテレビ系)が放送。番組では坂上がロケに赴き、大麻取締法違反の罪に問われた高樹沙耶や、覚せい剤取締法違反で逮捕された清水良太郎の父・清水アキラ、さらには稲田朋美元防衛相など、2017年に世間を騒がせた“ニュースの主役”に直撃インタビューした模様が紹介される。

【写真を見る】高樹沙耶、清水アキラなど、2017年を騒がせた「ニュースの主役」に坂上忍がインタビューを実施

このインタビューの実現に「この番組は狂っていると思います(笑)」と困惑した様子を見せた坂上。だが、高樹へのインタビューに対し「2時間くらいがっつり話しました。(高樹さんは)3回くらい泣いてましたからね。僕、途中で一回怒っちゃいました」と濃厚な時間を過ごしたことを明かす。

また、清水アキラについて「父親としての苦悩や、自分の息子が報道されることに、どういう目線で見ていたのかということも聞けました。アキラさんの耳には届かないであろう息子さんの評判もあるので、失礼ながらお父さんと『僕の耳にはこう入ってきていますよ』というすり合わせもしました」と振り返った。

稲田元防衛相には「良くも悪くも、非常に正直で素直な方でした。ただ、正直に自分の力不足をお認めになったので、この方が防衛大臣をやられていたのかという怖さも感じて、不思議な気分でした。目の前にいる稲田さんはチャーミングな方なんですけど、そんな方が防衛大臣という重責を務めて良かったんだろうかと」と眉をひそめた。

さらに、スタジオでは第48回衆議院議員総選挙に落選した鈴木宗男や若狭勝ら政治家たちが登場。落選したからこそ語ることのできる、政治の裏側や選挙の知られざる裏話を明かしていく。

ゲストから本音を聞き出すために「僕の方から(放送では)使えないことを言うようにしています。それによって言葉への怖さがなくなれば、話しやすくなってくださる」と打ち明けた坂上。

「宗男さんは少しずつエンジンが掛かってきて、最後止まらなくなっちゃった。しつこい(笑)。でも、政治家の皆さんの口が軽くなっていただいた方が本音が聞きだせると思うので、ありがたかったです」と収録の手応えを語る。

「(ゲストに対して)生意気なことを言ってしまうんですけど、『ごめんなさい』という気持ちを持ちながら、(意見を)ぶつけるとちゃんと返してくれる。意見が分かれようがぶつかろうが、返してくれる方に関しては感謝の気持ちを忘れてはいけないと思います」と番組への姿勢も明かした。

ほか、オウム真理教・麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚の逮捕劇を実写化したドラマも放送。

最後に坂上は「生放送以上にいろいろな方とぶつかり稽古をしているので、言葉を楽しんでいただければ! とくとご覧いただきたい!」とアピールした。

また、同番組の予告動画が番組公式HPやYouTubeなどで公開中だ。(ザテレビジョン)