主役はバナナ。昼の部ではジュース、夜の部ではバナナカクテルを提供

写真拡大 (全12枚)

東銀座で大人気の「バナナジュース」がバナナカクテルをメインにした姉妹店「ナイトクラス オブ バナナジュース」をオープン。今話題のお店をレポートします!

人気のバナナジュース屋さん、姉妹店をオープン


出典:黄色のたぬきさん

東銀座にある歌舞伎座の裏にひっそりと佇む、バナナジュース専門店「バナナジュース」を知っていますか? お店の売りは、厳選された最高品質のバナナと牛乳のみで作る、素朴な甘さのバナナジュース。いつも行列が絶えず多くの熱狂的なファンが多いことで有名な伝説のお店です。

 

この「バナナジュース」が満を持して2017年7月、銀座に姉妹店「ナイトクラス オブ バナナジュース」をオープン。バナナジュース専門店の“バー”という、珍しいコンセプトのお店はいかに? その全容をレポートします!

バナナを使ったカクテルが飲めるバー


いざ、突入!


夜のお店がひしめく銀座コリドー街にある雑居ビルの地下一階。階段を降りると「ナイトクラス オブ バナナジュース」の看板を発見。

中が見えないためドアを開けるときは少し緊張します。

明るく清潔感のある店内に一安心。ポップで可愛らしいバナナの装飾品で溢れています。バナナ好きにはパラダイスのような空間。

カウンターと後ろのベンチ席、テーブル席を合わせると計15席。女性一人の常連さんが多いというのも頷ける、アットホームな雰囲気です。

バナナカクテルを注文!


ドリンクメニューを見ると、16種類ものバナナを使ったカクテルが。ノンアルコールメニューも3種類用意されているので、お酒が飲めない方も安心です。「味が想像できそうでできない……」ので、全メニューを考案したオーナーさんが推薦するメニューを聞いてきました。

オーナーがオススメする「バナナカクテル」はこれ!


まずはこの一杯から!「フローズン バナナ ダイキリ」


このお店一番の人気メニュー「フローズン バナナ ダイキリ 1,400円」は、バナナが約1本分入っていてボリューミー。なめらかな舌触りとバナナ本来の濃厚な甘みが口の中に広がります。

2杯目にぴったり。軽くてスッキリした「バナナ アイスティー」


バナナリキュールを使用した「バナナ アイスティー 800円」は、お腹がいっぱいでもクイっと飲める軽さ。常連さんの中でも一番リピート率が高いそう。病みつきになる一杯です。

飲み過ぎ要注意!?まろやかな甘さの「バナナ ティンカーベル」


バナナリキュールと乳酸菌飲料をソーダで割った「バナナ ティンカーベル 1,000円」は、優しい味わい。あまりの飲みやすさについつい飲み過ぎてしまいそうになりますが、意外とアルコール度数は強いのでほどほどに。

ノンアルコールの「エスプレッソ バナナ ジュース」はもはやスイーツ!


最後は、オーナーが太鼓判を押す「エスプレッソ バナナ ジュース 800円」。エスプレッソの苦味とバナナの甘みが絶妙なバランスで絡みあった大人スイーツドリンクです。ノンアルコールドリンクはテイクアウトも可能。

バナナジュース夜間部へようこそ!


以上、今話題のバナナカクテルの専門店「ナイトクラス オブ バナナジュース」をご紹介しました。12:00〜16:00の昼の部では、ノンアルコールのみの提供でメニューも違います。銀座や新橋周辺で飲んだ後は、21時〜オープンの夜の部へ。ほっこり寛げるバナナカクテルで一息ついてみては?