世界的ヒットの多機能リュック『Bobby』

写真拡大

 世界中で、毎日40万件も発生しているといわれるスリ被害。そのスリの危険を回避して、安心して通勤や出張、旅行等が楽しめるように開発されたリュックが登場した。オランダのデザイン会社から生まれ、全世界で60万個以上売れているという多機能リュックの実力をご紹介する。

 多機能リュック『Bobby』は、オランダにあるデザインブランド、XD Design社が開発した。商品名Bobbyの由来は、イギリスの警官の愛称「ボビー」から。警官が守ってくれているような安心感で、大切な荷物を持ち運べるよう、防犯、防刃、撥水などの機能を備えている。

 素材は、合成皮革と、撥水性の高い300デニールと600デニールのポリエステル。一般的なタイツは100デニールだが、その3〜6倍も丈夫な生地が使われている。さらに、背面と側面の下部にポリプロピレン樹脂の板が入っており、鋭利なナイフで切り付けられても切れない。さらに、高密度&軽量素材の6層構造で、パソコンやカメラのような精密機器の持ち運びにも安心だという。本体は、物の出し入れがしやすい、180度開くリアオープン構造。内側には、パソコンやタブレット、ペットボトル用、ペンホルダーなど大小6個のポケットやホルダーでモノを整理して収納できるうえ、肩ひも部分や背中側にはカードやスマホを入れられる隠しポケットもある。

 そして、何よりも人気のポイントとなっているのが、人間工学に基づいた構造とデザイン性の高さだ。肩だけでなく背中と腰に重量を分散させる構造で、他のリュックと比べ約20〜25%も軽く感じるという。また、すっきりとしたシンプルなデザインは、使い勝手の良さも考えられている。外側からはジッパーやポケットの位置はわからないが、利用者には使いやすい配置や構造になっているのだ。加えて、暗い夜道で光るリフレクター(反射板)や、雨用のカバーも装備しているなど、細部まで工夫が凝こらされている。

 この『Bobby』は2016年6月、インターネットで資金を募るクラウドファンディングで、予約先行販売が開始されると、大反響を呼び、リュック部門において、海外クラウドファンディング史上ナンバー1の売上実績を叩き出した。全世界で60万個以上も売れた結果、女性や子供向けに『Bobbyコンパクト』が開発された。

 輸入総代理店ヴェルサイユトレーディングが、日本での販売を開始したのは2017年3月。発売前から、「ついに日本でも発売!」と話題を呼び、約半年で、1万6000個を販売。取扱店も、東急ハンズやロフトなど、300店舗以上に拡大している。

 1万円台という手ごろな価格から、女性や子供だけでなく、男性人気も高い『Bobbyコンパクト』。容量は11リットルと見た目以上に大きいので、旅行はもちろん、買い物にも重宝しそう。移動の多いこの時期、大いに役立ちそうだ。

※女性セブン2018年1月4・11日号