ムラデノビッチが優勝した前年に続き「サンクトペテルブルク・レディース・トロフィー」参戦、ハレプ、ウォズニアッキ、オスタペンコらも3年目の同大会へ集結へ

写真拡大

「サンクトペテルブルク・レディース・トロフィー」が2018年に3度目の開催を迎える予定で、エントリー選手の顔ぶれも豪華になりそうだ。

「サンクトペテルブルク・レディース・トロフィー」はその名の通り、ロシアのサンクトペテルブルクで行われる、WTA(女子テニス協会)の「プレミア」レベルのトーナメントだ。コートはインドアのハードを使用している。

現在、ランキングで1位につけているシモナ・ハレプ(ルーマニア)はTwitterへの投稿で、「サンクトペテルブルク・レディース・トロフィー」へエントリーしていることを名言しており、ランキング女王の参戦が決定的だ。

またWTAの公式サイトによれば、ランキング3位のカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)と、2017年の「全仏オープン」を制したエレナ・オスタペンコ(ラトビア)も参戦を明かしているという。

ほかにも、ランキング8位(12月18日付)のカロリーヌ・ガルシア(フランス)と、昨年に同大会で優勝したクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)も参加選手のリストに名を連ねており、ランキング上位の選手同士の対戦も見られそうだ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「サンクトペテルブルク・レディース・トロフィー」で優勝トロフィーにキスするムラデノビッチ
(Photo by Igor Russak/NurPhoto via Getty Images)