先ごろ、VR(virtual reality、仮想現実)を実現するためのヘッドセットは、その四半期出荷台数が、初めて100万台の大台に乗ったという調査データがあった。

 しかし、米国の調査会社IDCがこのほどまとめたレポートによると、この市場は、それをはるかに上回る成長速度で伸びていくようだ。

(参考・関連記事)「VRヘッドセット市場、出荷台数が初めて100万台超え」

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

世界出荷台数、4年後には6倍超に

 IDCは、VRのほか、AR(augmented reality、拡張現実)も含めたヘッドセットの世界出荷台数が今年(2017年)の960万台から、2021年には5920万台に増えると予測している。つまり市場規模は、実に6倍以上になると見ているわけだ。

 IDCは、その要因として、主役製品の交代を挙げている。

 現在、VR/ARのヘッドセットとして最も売れているのは「スクリーンレス・ビューワー」と呼ばれる簡易型。これは、スマートフォンを組み込んで、その画面をディスプレーとして使うもので、製品には、韓国サムスン電子の「Gear VR」や、米グーグルの「Daydream View」などがある。

 しかし、数年で状況は変化するとIDCは指摘。今後主流となる製品は、パソコンやゲーム機などと接続して使う「テザード型」や、単体で動作し、パソコンなどが不要となる「スタンドアロン型」で、市場の主役は、より本格的な機器へと移行していくのだという。

 同社によると、消費者は、利用者の動きを正確に捉えて、画面に反映するセンサー技術や、高精細画像を再現するディスプレーなど、より高性能機器を求めるようになっている。そのため、それらを実現するテザード型とスタンドアロン型に注目が集まっているという。

 なお、前者にはソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の「PlayStation VR」などがあり、後者には、米マイクロソフトの「HoloLens」や米フェイスブック傘下オキュラスVRの「Oculus Go」といった製品がある。

産業向けが急成長

 IDCの予測によると、現在、世界市場の58.8%を占めるスクリーンレス・ビューワーは、今後徐々に減り、2021年には14.8%へと低下する。一方で、テザード型のシェアは数年で過半を占め、スタンドアロン型も5割近くを占めるまでに拡大するとしている。

 もう1つ、同社が注目しているのが産業分野だ。今年、わずか100万台だった産業向けVRヘッドセットの出荷台数は、2021年末に1260万台となり、消費者向けも含めたVR/ARヘッドセット出荷台数全体の21%を占めると予測している。

2021年にはARがVRを上回る

 また、ARヘッドセットは、2021年末に、VRヘッドセットを上回る1560万台に達し、全体の26%を占めると予測。目の前にある現実の風景にデジタル情報を重ね合わせるARは、近い将来、多くの企業で、業務に変化をもたらす重要な役割を担うという。

 IDCによると、作業に両手を使うことが不可欠な現場では、これまで最新テクノロジーの恩恵を受けらないことが多かった。しかし、ARヘッドセットによって、その状況が一変する。このほか、VRについて同社は、教育、設計、コンテンツ制作、小売業の分野で急速に普及が進むと予測。ただし、これらの産業分野はほんの一例にすぎないとも、同社は指摘している。

(参考・関連記事)「アップルのARヘッドセット、製品化は2020年か」

筆者:小久保 重信