デジタルトランスフォーメーションは、どのようなパラダイムシフトをもたらすか。


 ITの進化は、これまで「人間のできること」を機械に置き換え、効率化やコストの削減を実現してきました。さらに、「人間にしかできなかったこと」や「人間にはできないこと」をどんどんできるようにしています。

 ならば、そんなITや機械の新しい常識を前提に、人間が行うのではなくITや機械が全てを行うことを前提に、それに最もふさわしい仕事の流れを実現してもいいはずです。

 どうしても「人間にしかできないこと」が残ったときには、それは人間がやりましょう、と発想を逆転して考えてみると、これまでの常識では考えられなかったことが実現するかもしれません。これが「デジタルトランスフォーメーション」の目指しているところです。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

「何割」ではなく「何倍/何十倍」もの変革を

「デジタルトランスフォーメーション」により、これまでの常識を根本的に変えてしまう事例がいくつも登場しています。

 例えば、米ハーレーダビッドソン(Harley-Davidson)は、お客様のわがままなカスタム注文に応えることを売りにするオートバイ専業メーカーです。その注文を受けるペンシルバニア州にあるヨーク工場では、従来は部品手配の都合上、15〜21日前に注文を締め切らざるを得ませんでした。これをなんと6時間前に短縮してしまったのです。

 また、以前は8〜10日分ほど持っていた部品在庫も、なんと3時間分に圧縮してしまいました。「数日の短縮」といった改善のレベルではなく、「数十分の一の短縮」という大変革を実現したのです。

 ちなみにこの工場では、すべての製造装置や工作機械に取り付けられたセンサーによって、稼働状態をリアルタイムで把握できる仕組みを取り入れて、この大変革を実現したのです。

 他にも、独アディダスの「mi adidas(マイアディダス)」は、シューズやウェアなどさまざまな商品のカスタマイズ注文を受け付け、それを標準品と同じ価格で提供しています。そのカスタマイズの組合せ数は1.4兆種類もあるというのです。

 また、独ハンブルグ港湾局は、港での荷の積み降ろし、トラック、鉄道、海運などの物流を改革することで、従来の3倍の処理能力を実現しようとしています。

 このようにITを活用することで仕事流れを変革し、「何割」ではなく「何倍/何十倍」もの変革を成し遂げようとしています。

 また、配車サービスのウーバー(Uber)や民泊仲介のエアビーアンドビー(Airbnb)のように、これまで人間が手配を仲介する仕事の流れを、人間を介さずITだけで完結する仕組みに置き換えることで、既存の業界秩序を破壊してしまうほどの変革を生みだしています。

「デジタルトランスフォーメーション」とは、こんな常識の大転換なのです。

「デジタルトランスフォーメーション」は、「サービス化」「オープン化」「ソーシャル化」「スマート化」の4つの変化を生みだしています。

サービス化:“手段”からの脱却

 ジェットエンジンを「出力×稼働時間」で従量課金する、あるいは建設機械を測量、設計、自動運転とともにサービスとして提供するといった、これまでは「モノを売って儲ける」が常識だった製造業のビジネスにも、サービス化の流れが生まれています。また、「所有」することが当たり前だったコンピューターは、もはやクラウドサービスとして「使用」することが当たり前になろうとしています。

 私たちは、これまで利用するためにはその手段である機械やコンピューターを所有しなければなりませんでした。しかし、さまざまな価値がサービスとして手に入れられる時代へと変わろうとしています。

 人々が求めているのは“結果”であり、その“手段”ではありません。手段を所有しなくても、サービスとして求める価値が直接手に入るのであれば、そちらに人々の需要がシフトするのは自然の流れです。

オープン化:“連携”による付加価値

「特定の企業が占有する技術や製品ではなく、広く多くの人が関与する技術や製品の方が進化のスピードは早く、安心・安全も担保される」

 そんな「オープン」という常識が広く受け入れつつあります。

 例えば、スマートフォンのカメラ機能は、デジタルカメラの強力なライバルだと思われがちです。その理由として「手軽さ」を挙げる人は多いと思いますが、実はそれだけではありません。

 スマートフォンで撮影した写真はすぐにFacebookやLINEなどのソーシャルメディアに投稿し、みんなで共有して楽しむことができます。また、画像編集アプリを使って修正を加え、飾りやキャプションを付けることが簡単にできてしまいます。そして、それをソーシャルメディアに投稿してみんなで「遊ぶ」ことができるのです。

 また、写真に写っている人物や背景、あるいはシーンを人工知能が分析し、テーマ別に分類して登録してくれるクラウド上のアルバムサービスも登場しています。

 このように、スマートフォンのカメラ機能が、他のさまざまなサービスと簡単につながり、新たな付加価値を生みだすことができることに、さらに大きな魅力があるのです。

 写真ばかりではありません。デジタルデータとITを駆使したさまざまな機能やサービスは、そんなオープンさを武器にしてお互いに連携し、単独ではなし得ない魅力や価値を増殖させているのです。

ソーシャル化:情報の“民主化”

 インターネットの普及と共に、コミュニケーションコストが劇的に下がりました。また、誰もがスマートフォンを所有し、情報を直接手に入れることができるようになりました。そうして、誰もが仲介者に頼らなくても直接つながることができるようになったのです。

 その結果、情報の流通をコントロールすることで権力や富を維持してきた仲介者は、今やその役割を失いつつあります。インターネットやソーシャルメディア、スマートフォンの普及は、そんな情報の民主化を加速しています。

スマート化:変わる“人間の役割”

 人それぞれの趣味嗜好に合わせ個別に対応していたら、手間もかかりコストもかかります。そのため、大量生産や標準化、全体最適化こそがあるべき姿だと言われ続けてきました。

 しかし、センサーと通信技術の普及により、「個別の事実」をきめ細かくリアルタイムに捉えることができるようになり、この常識も変わろうとしています。

 収集された「個別の事実」は、人工知能によって分析され、それぞれの事実や意向をくみ取ります。そして、全体を考慮しつつも、可能な限り個別のニーズに対応しようとするでしょう。さらに大量の「個別の事実」を分析し、新たな知見、未来予測、最適な判断を促し、私たちの住む現実社会をより快適にしてくれます。

 また、機械が人間の代わりを果たしてくれる範囲は、ますます広がってゆきます。肉体的にも知的にも、時間と労力をかけることで生み出してきた価値は、機械が代わりにやってくれます。その方が、遥かに効率的で正確で安全だからです。

 一方で、人間の役割は大きく変わってくるでしょう。感性、協調性、創造性がこれまでにも増して重視されるようになり、人間は新たな進化のステージに立たされることになります。

 次回は、こんなデジタルトランスフォーメーションを支えるテクノロジーの基盤「サイバー・フィジカル・システム」について解説します。

筆者:斎藤 昌義