【詳細】映画『マンハント』予告編はこちら

日本映画への愛に溢れるジョン・ウー監督が、日本でのオールロケを敢行し、高倉健主演でも映画化された原作『君よ憤怒(ふんぬ)の河を渉れ』の再映画化に挑んだ映画『マンハント』(ギャガ配給作品)が2018年2月9日より、TOHOシネマズ新宿他にて全国公開される。

世界中のアクション映画ファンを熱狂させたジョン・ウー監督独自のアクション流儀はそのままに、チャン・ハンユー、福山雅治ほか、アジアや日本を代表するキャストがスクリーン上で躍動する。

本作は『レッドクリフ』シリーズのジョン・ウー監督久々のアクション映画で、大阪を中心に、昨年撮影を敢行。無実の罪を着せられ逃亡する弁護士ドゥ・チウにチャン・ハンユー、彼を追う孤高の刑事・矢村聡を福山雅治が演じる。ふたりの真実を追い求める激しいアクション活劇に、ベネチア国際映画祭やトロント国際映画祭など、世界各国の映画祭で上映されるや話題をさらった。

そしてこのたび、ジョン・ウー監督らしいアクションシーン満載の予告編映像が解禁。舞台は日本・大阪。主役は殺人の罪を着せられた弁護士ドゥ・チウ(チャン・ハンユー)と、彼を追う孤高の刑事矢村(福山雅治)のふたり。電車が迫りくる線路に跳びおり逃走するドゥ・チウ、走り出す水上バイクに跳び移る矢村など、追う者追われる者の激しい攻防が描かれる。無実を主張するドゥ・チウと、やがて事件に疑念をもち始める矢村。一体ドゥ・チウは誰の手に嵌められたのか? 手錠で繋がるふたりは名実ともに手を組み、真実を求めることに――。

ファンの期待に応えたかったという、巨匠ジョン・ウー監督のアンストッパブルでダイナミックなアクションシーンは圧巻。もちろん白い鳩やアクロバティックなガンアクションなどシンボリックなアクション演出も健在だ。

今作には、監督作品初となる女殺し屋も登場。また手錠という制限された動きの中で、アイデア溢れるチームワークアクションも数多く生まれた。さらには日本固有のアクションを求め、福山による見事な太刀さばきも披露。40年前の伝説的名作は、ジョン・ウー監督の数々のアイデアが詰め込まれスケールアップして帰ってくる。



映画情報



『マンハント』

2018年2月9日 TOHOシネマズ新宿ほか 全国ロードショー

主演:チャン・ハンユー、福山雅治、チー・ウェイ、ハ・ジウォン

友情出演:國村隼

特別出演:竹中直人、倉田保昭、斎藤工

共演:アンジェルス・ウー、桜庭ななみ、池内博之、TAO、トクナガクニハル、矢島健一、田中圭、ジョーナカムラ、吉沢悠

監督:ジョン・ウー

(C)2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.

福山雅治 OFFICIAL WEBSITE

http://www.fukuyamamasaharu.com/

映画『マンハント』作品サイト

http://gaga.ne.jp/manhunt/