岡 みち : 天海祐希

写真拡大

天海祐希と佐々木蔵之介が夫婦役で出演する読売テレビ開局60年スペシャルドラマ『天才を育てた女房〜世界が認めた数学者と妻の愛〜』(読売テレビ・日本テレビ系、2018年2月放送)。天海主演の本作は、知られざる天才数学者・岡潔(佐々木)の奇想天外な人生を、フィクションとして再構成して妻・みち(天海)の視点から描いた、波瀾万丈のヒューマンストーリー。

この度、岡夫婦を支える家族・友人・同僚たちを演じるキャストとして、生瀬勝久、立川談春、笹野高史、寺田農、渡辺哲、内場勝則、萬田久子、泉ピン子の出演が発表された。

生瀬が演じるのは、京都大学で岡潔の学友・秋月康夫。潔の親友と呼べる数少ない人間で、潔の天才的な数学の才能を早くから認め、みちとともに潔を支えた人物だ。また、談春が演じるのは、京都大学の数学科教授・木下則雅。潔の数学的発見をなかなか認めることがなかったが、潔の業績が世界に認められるきっかけとなる。

笹野が演じるのは、明治から昭和初期にかけて活躍した天才的将棋士・阪田三吉(※「吉」の正確な表記は「土」の下に「口」)。泉は、貧しい生活ながら夫の三吉を支えた妻・阪田コユウを演じる。

そして、寺田は、潔の父・岡寛治を演じる。潔に期待し、金銭面での援助も惜しまなかった男だ。

一方、渡辺は、みちの父・小山玄松を演じるわけだが、みちと潔の結婚に不安を抱いていた。萬田は、みちの姉・北村みよしを演じる。みよしの夫は、北村眼科医院を開業しており、自身もその眼科で働いている。内場は、みよしの夫で、北村眼科医院を開業した北村純一郎を演じる。

今でこそ数学界で名声を博しているが、なかなか周囲の理解を得られなかった時代もあるという潔。フランス留学時代、生涯の研究テーマとなる多変数解析函(関)数論における「ハルトークスの逆問題」と出会った彼は、約15年の歳月をかけて解決。しかし、難解すぎる数々の研究成果は、国内でなかなか理解されなかった。そんな中、世界的な評価の高まりと共に、日本でも認められるようになり、1960年、文化勲章を受賞するに至った。晴天でもゴム長靴を好み、ヨレヨレのスーツにノーネクタイで、天才ゆえに苦悩し、挫折し、数学という世界に閉じ込められてしまった男・潔を実力派俳優の佐々木が演じる。

その妻・みちは、ハイカラで、好奇心の強い女性で、「普通」なものを好まない変わり者。そして、周囲に目が利き、思いやりの心にも溢れている役どころ。潔の奇行が激しくなった折には、3人の子どもを抱えながらの生活に限界を感じ、離婚を考えるも、思いとどまり生涯添い遂げる。潔の最大の理解者であることに人生を捧げた女性だ。11年ぶりに夫婦役で共演する天海と佐々木が、どんな夫婦のありかたを築いていくのかに注目が集まる。

汐口武史プロデューサー(読売テレビ)は、「みちと潔の夫婦の愛を支え、世界に認めさせる上で欠かせない人たちが、2人の周りにはいました。そんな面々を、素晴らしいキャストの皆さんに演じていただくことができ、本当にうれしく思っています。あたたかい愛の物語を盛り上げてくれる豪華キャスト陣に、ぜひご期待ください」とメッセージを寄せた。