今年も残すところあと僅か!夜遊びに励む大人達が集まるエリアと言えば、西麻布。

夜遊びの途中に、ちょっとはずして立ち寄りたいのはカジュアルに楽しめるこんな店。

覚えておけば、麻布の遊び人認定だ!



美しく焼きあがったパリッパリの餃子は500円!でもその味は超一級!
遊び上手なら知っておきたい予約可能な個室ラーメン『鶏そば十番156』

麻布で気取らないけどうまいものを食べたいなという時は『鶏そば十番156』で決まり。味は勿論、目にも楽しいコミカルな遊び心で楽しませてくれる餃子があるラーメン屋だ!

頼むべきマストアイテムは大ぶり厚皮餃子。ますはフォトジェニックな餃子のこんがりした焼き目に垂涎!

期待を裏切らないプクッと大ぶりな餃子の皮はモチッパリ!一気に溢れだすジューシーな肉汁と旨味、にんにくのパンチに野菜の食感と薫りが絶品だ。食べ応え満足度も申し分なく、ただただ、シンプルに美味しい。



POPなアニメ皿でテンションも上がる!タコ焼きは600円〜

看板メニュー「純鶏そば」はとろっとまろやかな鶏スープが特徴的。鶏の旨味とコラーゲンがギュッと凝縮して濃厚ながらさっぱりとした味わいで女性にも人気だ。

たこ焼き職人が作る熱々たこ焼きもおすすめ!自家製生地で外はカリッと中はふわトロ。あっつあつで提供されるため火傷には要注意。



ラーメン屋としては珍しく個室も用意され予約も可能だから落ちついて食事も楽しめる

「ラーメンBAR」をコンセプトにシャンパーニュやワイン、日本酒や世界の人気ビールと共に多彩なつまみとラーメンが揃い、「飲んで・つまんで・ラーメンで〆」は勿論、「軽く1杯とつまみだけ」なんて使い方まで自由自在。

また、清潔感と開放感のあるお洒落な店内は「油っぽい・落ち着かない・女性が入りづらい空気」といったラーメン屋ならではの難点もすべてクリア。B級グルメでも手を抜かない、これが麻布なのだ。




角煮、チーズをトッピングできる「八百長特製カレー」
飲んだ後に食べたい!『八百長BAR』の「八百長特製カレー」

飲んだあと、〆のラーメン?いえいえ、時には気分を変えて、カレーで締めましょう。飲んだ後に食べたい西麻布24時のカレーをご紹介。

ソファ席主体のラグジュアリーな空間ながら、意外にもフードメニューが充実しているこの店いち押しの〆は、「八百長特製カレー」。

挽肉や香味野菜を6〜7時間煮込んでコクを出し、“ザ・日本のカレーライス”を目指したという味わいは、誰の舌にも懐かしく、散々飲んだ後の口をほっと和ませてくれる。



「自家製スモーク盛り合わせ」3種

カレー以外の料理もキラリと光るので、ぜひチェックを。

営業時間は翌5時まで!(日は〜翌1時)深夜に食べられる、ザ・日本のカレーを堪能しよう。



シェイクで泡立てた「六本木カルーアミルク」、ラムとシロップで3層にした「モヒート」



内観


ちょっと小腹を満たして、さらに夜遊びに繰り出そう!



最初は何もつけずに、その後、ゲランドの塩、レモンと共に食するのがおすすめの食べ方
餃子をワインで楽しむ『Cave Cinderella』

焼き餃子は、シャンパンとの相性を意識して、餡に醤油を使わず肉汁を最小限に仕上げた逸品。しかも、レモンと塩で食すという変わり種。

「醤油やお酢と違い、世界中の方々に理解される味だからこの組み合わせにしました。また、レモンの酸味のおかげで一緒に味わうシャンパンのフレッシュさが甦ります」と店主。このこだわりのマリアージュ、ぜひご賞味いただきたい。



焼き餃子。この餃子のパートナーとして、70種ある中から店主が選んだのはドゥラモット ブラン・ド・ブラン



ドゥラモット ブラン・ド・ブラン




具義スペシャルの卵かけごはんは、卵黄のみを使い、エゾバフンウニがたっぷり。おまかせコース 10,000円〜に+1,500円〜2,000円
『BOHEMIAN-Nishiazabu-』の「特製卵かけごはん+ウニ」

ぴったりと酒に寄り添う炙り料理が評判の『BOHEMIAN-Nishiazabu-』は、知る人ぞ知る大人の隠れ家。全国各地を訪れて関係を重ねた生産者の極上の食材をシンプルかつ酒に合うアテとして楽しませてくれるのだ。

仕事も遊びも楽しむ大人たちが、夜な夜なこちらの炭火を前に悪巧みをしているそう。そんなお店で〆に人気なのは炊きたてごはんで作る、卵かけごはん!

絶妙な炊き具合のごはんに最高級の卵でも十分なのに、ウニを投入してもらうと至福すぎる!